転職支援があるプログラミングスクール5選!無料で通えるスクールも!

2020 10/13


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

今回は、転職に強いおすすめプログラミングスクールを5校紹介します。
おすすめの中で気になるスクールがあればまずは無料体験を体験してみましょう。

無料で受講できるスクールもおまけとして紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

目次

転職に強い!おすすめのプログラミングスクール5


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%96%8B%E7%99%BA-593312/

転職支援のあるプログラミングスクールが増えてきていますが、中でもおすすめのスクールを5校紹介します。

  • DMM Web Camp
  • テックキャンプ
  • Tech Boost
  • GEEK JOB
  • DIVE INTO CODE

DMM Web Camp

学べる言語 教室 料金 特徴
HTML

CSS

JS

jQuery

Ruby

など

渋谷

新宿

難波

  • 3ヶ月    628,000
  • 専門技術講座828,000
  • 1年間の転職サポート

35歳以下限定

  • 転職失敗した場合、全額返金制度有り

20代限定

  • 専門技術講座のみ条件付き最大50万円の割引有り
オンライン
  • 8週コース 518,000
  • 12週コース 568,000
  • 16週コース 678,000

98%と高い転職成功率を実現しているスクールです。
2019年には「転職サポートが充実している」「マンツーマンで親身に答えてくれる」「未経験向けカリキュラムが充実している」でNo.1を獲得するなど、未経験でも安心して受講できます。

来校型では13時~22時まで教室が使い放題。
自分の好きな時間に来校して集中して勉強することができます。
メンターにも質問し放題なため、「分からない」をすぐに解消可能です。

オンライン型ではライフコーチが学習に伴走してくれます。
毎日のチャットやマイ中のWEB面談や電話でのサポートで、やる気維持をサポート。
受講生に合わせた接し方で不安解消に取り組みます。

また、キャリアアドバイザーによる1年間の転職サポートがついています。
キャリアプランや自己分析に基づき300社以上の限定求人から一人ひとりに合った転職先を紹介。
入社後のミスマッチが少ないため、転職3ヶ月後の離職率はわずか2%と低い数字になっています。

転職後はオンラインサロンでサポートを継続。
3ヶ月に1回程度の頻度でスキルアアップを目的とした学習の機会や、エンジニア同士の交流を図る機会を設けています。

いずれのコースも34ヶ月であるため、短期集中で学んで転職を成功させたいという方におすすめのスクールです。

テックキャンプ


参照元:https://tech-camp.in/expert/job_change

学べる言語 教室 料金 特徴
HTML

CSS

JS

Ruby on Rails

 

教室

オンライン

 

  • 10週間 648,000
  • 6ヶ月  848,000
  • 転職失敗した場合、全額返金制度有り
    ※適用条件有り
  • オンラインのみの受講も可
  • 卒業後のキャリア支援有り

転職成功率99%、1000名以上の未経験者をエンジニアに転職成功させた実績のあるスクールです。
中には完全未経験や30歳以上の方のキャリアチェンジも成功させた実例があります。

転職に強い理由は実務に近いカリキュラムとキャリアサポートにあります。
テックキャンプでは設計、開発、インフラ構築、運用を通貫で学べます。

また、フロントからサーバーまでの全工程を実務とほぼ同じ環境で経験ができるため、卒業後には即戦力レベルのエンジニアに成長。
企業から求められる人材へと成長しています。

さらに身に付けたスキルの魅せ方を面接対策で指導。
未経験からでも転職に困らないキャリアサポートが充実しています。

テックキャンプの特徴として、エンジニアを目指そうと思ってもプログラミングが向かなかったという人のために14日間の無料返金保証があります。
興味はあるけど難しそうだなと思う人はお試し感覚で気軽に受けてみるのも良いでしょう。

Tech Boost


参照元:https://tech-boost.jp/engineer

学べる言語 教室 料金 特徴
HTML

CSS

Ruby on Rails

PHP

など

教室

オンライン

 

  • 通学

社会人 269,800

学生  199,800

  • オンライン

社会人 184,800

学生  147,800

  • 独自エージェントを保有。転職をサポート
  • オンラインのみの受講も可
  • 卒業後のキャリア支援有り

なりたい自分に合わせてオーダーメイドでカリキュラムが組めるスクールです。
3ヶ月からの受講期間で、実務レベルで通用するエンジニアを目指せます。

他のスクールと違いTech Boostの転職サポートでは、Tech StarsというIT・ゲーム業界特化型エージェントを利用します。
700社以上の企業と提携しているため、自分に合った企業が見つかりやすいのが特徴。
一人ひとりに合わせたサポートを通して10年先を見据えたキャリアプランの提案・支援を受けられます。
業界や転職・独立に精通したメンバーが希望の転職を叶えるバックアップをしてくれますよ。

勉強したからといって全てを完璧に覚えているわけではありません。
実務にあたっているときに思い出せなくてつまずくこともあるでしょう。
Tech Boostでは卒業後もカリキュラムが見放題。
卒業生がスムーズに業務に取り組めるよう、いつでも確認・復習ができるようにしています。

GEEK JOB


参照元:https://camp.geekjob.jp/

学べる言語 教室 料金 特徴
Ruby

Java

など

オンライン

 

  • プレミアム転職コース 398,000
  • 転職保証付き
  • 全額返金制度有り

※適用条件有り

3ヶ月間でプロレベルのスキルを習得可能。
エンジニアとしてベンチャーや大手企業への転職が狙えます。

GEEK JOBでは、カリキュラムを通してオリジナルサービスの開発やポートフォリオ作成を行います。
学習の基礎だけでなくオリジナルのサービスを作成することにより応用力を磨けます。
さらにポートフォリオの作成を行うことで転職活動を有利に進めることができるでしょう。

また、GEEK JOBの母体は転職エージェントです。
他スクールが持っていない転職ノウハウが強みであるため、未経験からエンジニアに転職を試みている人にとっては頼もしいスクールだといえます。

母体である転職エージェントが持つコネクションをフル活用して、希望する企業への転職を成功に導いてくれるでしょう。

DIVE INTO CODE


参照元:https://diveintocode.jp/diveintowork

学べる言語 教室 料金 特徴
HTML

CSS

Ruby

JavaScript

など

オンライン

 

  • Webエンジニアコース 588,910
  • 機会学習エンジニアコース 979,819
  • 少人数制(定員814名)
  • 両コースフルタイム受講のみ最大56万円の補助有

DIVE INTO CODEでは、1ヶ月間の事前学習での学習意欲や姿勢を見て選考を行います。
事前学習後には面談を行い、さらに選考。
2つの関門を経てようやく入校にこぎつけられるため、受講者は意識の高い人のみで構成されています。

レベルの高い環境で、プログラミングの基礎から実務同様チーム開発まで経験できるため、卒業後は即戦力として現場で通用するエンジニアになれるでしょう。

転職サポートも充実しており、定期的に説明会や企業が参加するカジュアルな就活イベントも開催されています。
キャリアアドバイザーによる履歴書や職務経歴書への添削、求人紹介や面接対策も行っているため、転職活動もスムーズに進むでしょう。

初心者・未経験からエンジニアを目指すのであればプログラミングスクールが近道である理由


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D-3597101/

多くのプログラミングスクールでは以下のような手厚い転職支援制度を設けているため、初心者や未経験からでも転職の成功率が上がります。

  • 専属のキャリアカウンセラーによるキャリアプラン形成
  • 自己分析や書類作成、面接対策のサポート
  • 提携企業などからおすすめの求人を案内

転職サイトを利用した場合に勝負するのは現役のエンジニア。
実務経験のあるプロということ席を競うことになります。
実力の差は火を見るよりも明らかなので、負ける可能性が高くなるでしょう。

一方、プログラミングスクールの転職支援を受ける場合、限定求人なども多いため競う相手は初心者や未経験者がほとんど。
勝ち抜ける可能性がぐっと高くなります。
また、スクール在籍時の頑張り次第では他受験者に大きな差をつけることができるでしょう。

そのため、初心者や未経験の方がエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通い、転職支援を受けることがエンジニアへの一番の近道と言えます。

転職成功への近道!プログラミングスクールの選びのポイント5


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E5%9C%B0%E9%9D%A2-%E8%B5%A4-%E7%95%AA%E5%8F%B7-5-531919/

おすすめ以外のスクールを捜す場合はスクール選びのポイント5つを押さえておきましょう。
間違っても広告の謳い文句を鵜呑みにしてはいけません。
できれば無料体験などでスクールの雰囲気や受講生の学習意欲を見ておくとスクールの質を図る上で参考にできますよ。

  • 卒業生のキャリア
  • 講師は現役のエンジニアかどうか
  • カリキュラムは実務レベルか
  • 紹介企業の数
  • 就職・転職率90%以上を選らぶ

卒業生のキャリアは理想的かどうか

スクールに通うことで自分の理想のキャリアが実現可能かどうかは、卒業生の活躍である程度判断ができます。
卒業生が学んだ言語、どの分野のエンジニアになったのか、どんな企業に就職したのかを確認しておきましょう。

同じような卒業生がいたら卒業後の将来像を描きやすくなります。
申し込みを行う前にHP等で卒業生の転職先を確認。
できれば会いに行って話を聞けるとよりスクール選びの参考になるでしょう。

講師は現役のエンジニアかどうか

講師が現役のエンジニアかどうかで、カリキュラムの内容の濃さが違ってきます。

プログラミングはトライ&エラーの連続。
エラーが続出した時に質問する講師が現役のエンジニアではなかった場合、教材以上のことを教えるのは難しいでしょう。
そうなると自力で答えを探すか、諦めるかの2択になってきます。
企業は即戦力になる人を探しているため、中途半端な知識を持っているだけでは採用してもらえません。

ポイントは「実務経験がある」講師ではなく、「現役エンジニア」である講師が望ましいです。
IT現場は移り変わりが早いため、現役エンジニアではない場合一昔前のスキルしか知らない可能性がでてきます。

即戦力のエンジニアになるには講師の質も大切です。

実務レベルのカリキュラムが組まれているかどうか

プログラミングスクールの中にはPDFを渡されて自分で学習するというケースもあるため、カリキュラムの内容にも気を配りましょう。
教材の内容を読み上げるだけのカリキュラムも全く意味を成しません。

プログラミング習得で大切なのは手を動かすこと。
聞いて覚えたと思っても実際にコードを書いて動かしてみると全く機能せずに内容が身に付いていないことを痛感するでしょう。

さらに、実務レベルのエラーを経験できる内容だと尚良しです。
企業が必要としているのは即戦力です。
スクール在学中に実務レベルのカリキュラムに触れておくことで、転職してから慌てふためく可能性を減らすことができます。

紹介企業の数が豊富かどうか

紹介企業の数が多いほど転職先の選択肢も広がります。

スクールの中には、スクール運営企業や一部の企業のみを紹介先として持っているケースもあります。
選択の幅が狭まると自分に合った企業に巡り合える機会も少なくなります。

エンジニアとしての第一歩を踏み出した企業が合わずにすぐにやめてしまったということも往々にしてあるため、転職先の選択肢は多い方が良いでしょう。

紹介企業を豊富に抱えているスクールであれば大企業に転職できる可能性もあります。
そういったスクールであればプロのキャリアコンサルタントが在籍していることが多いため、未経験での転職活動も不安なく行えるでしょう。

就職・転職率90%以上を選ぶ

就職・転職率を公表しており、なおかつ90%以上のスクールを選ぶようにしましょう。
公表していないスクールは、就職・転職率が低い可能性があります。

可能であれば無料体験などで、スクール卒業生で就職・転職成功者の年齢も確認しておくと良いでしょう。
スクールによっては、受講生を就職・転職できる可能性の高い2030代に限定している場合もあるため注意が必要です。

【おまけ】無料のプログラミングスクールもある!


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-3349829/

高額な費用を払う有料のプログラミングスクールがある一方、無料で受講できるスクールもあります。
無料で受講できる理由は、転職がセットになっているから。
無料のスクールは人材を企業に紹介、就職させることで企業からお金を受け取るいわゆる人材派遣を行っているのです。

例えば以下のようなスクールがあります。

スクール名 学べる言語 教室 特徴
0円スクール JavaSQLHTMLJavaScriptなど 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
  • 対象:18歳以上35歳以下
  •  最短3ヶ月でエンジニアに
  • 希望者は中途採用で運営会社に転職できる可能性も
無料PHPスクール PHPJavaScriptHTMLなど 池袋
  • 対象:プログラミング初心者
  • 23日間で即戦力レベルの実力が身に付く
  • 厚生労働省から許可を受けて運営

転職希望者からするとメリットしかないようですが、デメリットの方が多いと言っても過言ではありません。

 【メリット】

  • 無料
  • 現場の話を聞ける

 【デメリット】

  • 年齢制限があることも
  • 転職前提
  • 転職先の幅が狭い
  • 通学しなければいけないスクールが多い

無料スクールは受講者がどこかの企業に就職しないと報酬をもらえません。
そのため、卒業後にどこでも良いから就職してもらわないと困るのです。
転職はできたけど思っていた条件や環境ではなかったとギャップを感じやすいと言えるかもしれません。

年収アップも夢じゃない!上手く活用して転職を成功させよう!


参照元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2557468/

初心者や未経験からエンジニアに転職した多くの人が前職よりも年収が上がる傾向にあります。
ただ、プログラミング学習は独学のハードルが高いため、プログラミングスクールの受講がおすすめです。

プログラミングを効率良く学べて手厚い転職支援が受けられるプログラミングスクールを上手く利用して、希望する年収・働く時間を手に入れましょう!

目次
閉じる
当サイト1番人気はリクルートエージェント♫
公式HPはこちら
当サイト1番人気はリクルートエージェント♫
公式HPはこちら