スポンサーリンク

そもそも『塾講師』という職業の立場とは?

塾講師 転職

そもそも、学習塾とは子どもたちが成績を上げるため、志望校に合格するためなど目的を持って通う場所です。
塾講師は学校とは違い、保護者からも高めの月謝を払ってもらっていることをしっかりと認識して、結果を出すことを求められます。

もちろん、保護者からの要求のレベルも高く、期待に応えられなければ生徒数は一気に減ってしまいます。
確かに、塾講師は勉強を教えるのが仕事ですが、生徒の精神面のフォローや、保護者への報告、連絡などもとても大切な仕事のひとつです。
学期ごとに面談を行う塾もありますし、必要であれば夏期講習などの講習の提案も行います。
塾長や教室長がが営業的な部分の多くを担っていても、普段の授業を見ている塾講師の意見を聞かないとベストな提案ができません。
そのため、面談には担当の講師が同席するという場合も多く見られます。

学校での勉強が遅れがちな生徒や理解するのに時間がかかる生徒は、学校の先生から塾へ通うことを勧められることもあるようです。
そのため、『学習の場を提供する』という意味では、これからもっと成長する業界であると言えます。
また、学校の先生とは違い、多くの生徒を一人で見るわけではないので、担当の生徒とじっくり向き合って、良い方向に導いてあげるのも大きな役割です。

スポンサーリンク

塾講師への転職を実現するために必要な資格や要件は?

塾講師 転職

結論から言えば、塾講師に教員免許は必要ありません

もちろん、教員免許があれば、勉強を教えることに慣れているというアピールはできますが、教員免許があるからと言って特に優遇されることはありませんし、教員免許がなくても十分仕事はできます。
逆に、教員免許を持っている講師は、自分の教え方に固執してしまい、学校の先生と同じような教え方をしてしまいがちです。
それでは勉強が苦手な生徒は理解ができません。
いかにわかりやすく、噛み砕いて説明してあげられるかが大切で、各塾によって教え方のマニュアルもあるので、未経験でも安心して始められますし、未経験の講師の方が伸びしろがあります。

できれば教員免許よりも、接客業や営業の経験があった方が役に立ちます
在籍している生徒の保護者対応ももちろんですが、塾を安定して経営していくためには常に入塾希望者を獲得していかなければいけません。
話が上手な講師がいてくれると、経営している側としてもとても助かります。
また、話が上手な講師は、慣れてくると授業の進め方もとても上手です。
生徒の心を掴めるような話や、生徒が勉強の内容に興味を持てるような授業ができる講師が求められます。

資格がなくて未経験でも、子どものために何かしてあげたいという気持ちがあれば大丈夫です。

スポンサーリンク

塾講師への転職における注意点

勤務時間は学校が終わってからしか生徒が来ないので、正社員だと13時〜22時までの勤務という塾が多いです。

残業は季節によって違いますが、夏期講習や冬期講習、受験の直前などの講習のときは、ひとりが担当する授業数が増えるので、記録などに時間がかかる講習は残業時間が増える傾向にあります。
だいたい授業が終わって生徒が全員帰るのが22時前頃なので、定時で帰宅できることはほぼありません。

休日は日曜日のみというところが多いです。
日曜日と、月末の29日から31日までが休みという塾もありますし、休日設定は様々です。

勤務地については、全国展開している塾でもフランチャイズというところもありますし、直営というところもあるので一概には言えませんが、希望は考慮してもらいやすいです。

塾講師 転職

年収は、中途採用の初年度でも300万円〜400万円は貰えるというところが多いです。
管理職候補としての採用など条件は様々かと思いますが、一般的なサラリーマンと同等の金額くらいは貰えます。
新卒だともう少し下がりますが、22時以降に勤務していることが多いので、残業代の割増などがあり、普通の会社員よりは残業代が多めです。
ボーナスは会社の業績にもよりますが、年に2回、夏と冬という一般的な支給の仕方で出るところがほとんどです。

塾講師への転職を成功させる秘訣

塾講師 転職

筆記試験は一定の基準はありますが、よほど点数が悪くない限りあまり点数ばかり重視されることはありません

見学に来られる講師希望の方をあまりお見かけしたことはありませんが、『見学したい』と言って断られることはないので、先に見学しておきたい場合は事前に必ず連絡をしてから行くようにしてください。

また、夜の帰宅時間が日付をまたぐということも珍しくはありません。
残業少なめと記載のある求人もありますが、塾で働く以上は残業は避けられないと思っておいた方がいいです。
ただ、講師の人数に余裕があればみんなで事務仕事も手分けすることができるので、講師の人数がカツカツという塾よりは残業は少なめかもしれないので、残業時間が気になる場合は面接の際に、平均してみんながどのくらい残業している会社なのか確認してください。

日々の授業準備や授業、面談だけではなく、塾のチラシを学校の前で朝から配ったり、入試の日にはみんなで手分けして生徒が受験する学校まで応援に駆けつけるという仕事も行っている場合がありますので、早朝出勤などの有無も確認しておいた方が、入社後に突然お願いされて知るよりも良いかと思います。

授業前の準備にも時間が取られるので、30分〜1時間前に出勤してくる講師が多数ですが、その間の給料は発生しないことにも注意が必要です。

実際の塾講師への転職活動

塾講師 転職

履歴書にはこれまでの経歴や出身校などをしっかり記載してください。
教育業なので学歴が重視される傾向にあります。
得意科目のところも記載しておくと、シフトを組むときにどの授業を担当してもらうか考える際に助かります。

面接では、どのようにして子どもの役に立とうと考えているのか、この塾で勉強を教えることで子どもたちにどんな大人になってもらいたいのかなど、自分の意見をしっかり伝えることが大切です。
各塾によって教育方針や理念が違うので、内定をもらうために自分の意見を曲げるのではなく、自分の意見と近い理念を持った塾に就職することを目標にした方が上手くいくと思います。
塾講師はサービス業なので、面接で重視されるのは明るくてハキハキと受け答えができることです。
生徒に教えるときに自信なさげに答えたり、保護者対応が無愛想だったりするとすぐに悪いクチコミが広がってしまうので、声が小さかったり暗く見えがちな人は不利になります。

また、文字を丁寧に書ける人が好印象です。
授業中に板書をしたり、生徒のノートにヒントやアドバイスを書くこともあるので、文字はキレイではなくてもいいので、丁寧に見やすく書くように日頃から心がけておくと良いでしょう。

まとめ

塾講師 転職

塾講師への転職は不安なことが多いと思います。
特に教育業に携わったことのない人にとっては未知の世界なので、やってみたいとは思うけれど、仕事ができるのか悩んで別の仕事を選ぶという人も多いです。
しかし、塾講師は研修もしっかりあって未経験でも安心して始められる仕事なので、勇気を出して応募してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事