スポンサーリンク

英検ではなくTOEICの方が語学力をアピールできる?

資格 TOEIC

かつて、英語の資格における定番と言えば、中学や高校で受験した人も多い、英検が主流でした。

しかし、社会人において語学力を示す資格の現在の主流は「TOEICテスト」です。

TOEICは、新卒の就職活動や転職活動において、そのスコアを履歴書に記載することが「標準」になりつつあります。

そこで、この記事では

  • 転職時にTOEICがなぜここまで重要視されているのか
  • いまさら聞けないTOEICの概要
  • 英語力を上げるためのオススメ講座集

について見ていきましょう。

「もうTOEICについてはよく知ってるから、手っ取り早くスコアを上げる方法を教えて!」

という方には、「2か月でTOEICスコアを劇的に変える!」

と謳っている「RIZAP ENGLISH」をオススメします。

「結果にコミットする。」でお馴染みのRIZAPが提供する英語教育サービスです。

資格 英語 TOEIC

この記事でも詳しく紹介しますが、とにかく早くTOEICスコアを上げたい方は以下へGo!

「ライザップイングリッシュ 評判」に関する記事はコチラ!

スポンサーリンク

転職において、なぜTOEICが重視されるようになったのか

まず、なぜここまでTOEICが転職活動において重視されるようになったのか、という点について見ていきましょう。

大企業含めあらゆる企業がグローバル志向

以前は、商社や海外事業部などの海外営業や海外勤務を前提とする転職を目指す場合のみ、英語というスキルの証明が必要でした。

現在も、応募資格には英語資格を明記していない日系企業もまだ多くあります。

しかし、国内市場の景気が低迷していることを受け、どの企業も海外取引を重視してきています。

資格 TOEIC

同時に、コスト削減のために海外生産拠点設置をするなど、グローバル化もますます加速しています。

こうした環境の変化は、大手企業に限らず、中小企業でも同じで、生き残りをかけて海外進出を試みている会社も多いのです。

そのため、日本企業や日本法人であったとしても、英語は必須スキルになりつつあります。

TOEICの主催団体が2013年に行った調査では、調査対象の上場企業のうち75%が「業務で英語を使用する」と答えています。

さらに、パナソニック株式会社においては昇進・昇格に以下のようなTOEICの要件を課しています。

当社では2000年から主任昇格基準にTOEIC L&Rスコア450点を設定、2003年にはこのTOEIC L&Rスコア450点を主事・副参事の昇格基準に設定しました。

社員一人一人がグローバル化に対応できる状況を作る第一歩として語学力の強化を掲げており、2006年から海外勤務者に対して、TOEIC L&Rスコア650点以上という基準を導入。

2007年4月からは主事・参事昇格基準をTOEIC L&Rスコア550点に引き上げました。

TOEIC L&Rスコア基準の設定をポイントとする全社的な英語力強化は、英語で仕事を遂行できる人材育成の一環という位置づけにあります。

このように、日本の企業においても英語人材へのニーズはかなり高まっています。

特に、即戦力を求めるキャリアアップ採用や中途採用の場合は、現状の社内に足りていない英語が使える人材を求めるケースが非常に多いのが現状です。

転職するうえでは英語のスキルが非常に有利であり必須

また、現在は英語を使う事業をしていない企業でも、今後の事業戦略上必要になる可能性は考慮しています。

そのため、英語ができる人材を入れておきたい、と考えるのは当然だと言えますね。

ですから、やはり転職時の履歴書に英語関連の資格が書けることは大きなアドバンテージとなります。

言い過ぎかもしれませんが、ここまで来ると転職において英語の資格は必須のスキルとなっているのです。

キャリアアップ、年収アップのためには外資系を外せない

また転職を考える場合、キャリアアップや年収アップを目指すことが多いですよね。

しかし、その際にやはり、外資系企業などの海外求人をターゲットから外すわけにはいきません。

国内企業よりも外資系企業の方が、やはり業績評価はシビアになってきます。

しかし、その分大きな達成報酬が約束されていますし、成果を期待して入社時から平均よりも相当高い年収ベースを提示する企業もあります。

2006年の調査とやや古いものではありますが、エンジニア3,074人の年収調査を見ると、外資系全体の平均賃金が687万円であるのに対して、国内企業は604万円となっています。

資格 TOEIC

エンジニアの平均年収例を見ただけでも、実に83万円もの差額がついてしまっています。

ですから、よりよい転職をするためには、英語のスキルはスタートラインにつく最低条件となります。

こうした資格は取得した上で、ビジネススキルの内容において他の求職者と争わなければならないのです。

人事担当者が1番知っている英語資格は「英検」と「TOEIC」

しかし、いくら英語が堪能だということを人事担当者に示すためとはいえ、知名度の低いハイレベルな資格を履歴書に書いても効果はありません。

なぜなら、履歴書とは人事担当者が見てその候補者のスキルレベルを推測するためのものです。

そのため、担当者が知らない資格では全くもって意味がないのです。

こうしたことから、英語のスキルを持っている証明として最適なのはやはり、英検とTOEICになるでしょう。

この記事では、TOEICを中心に見ていきますが、英検について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてくださいね!

「転職 英検」に関する記事はコチラ!

企業が重視するのは英検よりもTOEIC!

では、現在英語の資格を持っていない人が、転職のために英語の資格を取得しようとした場合、英検とTOEICのどちらを優先して狙えばよいのでしょうか。

資格 TOEIC

結論から言うと、国内企業が転職候補者の英語スキルを測るうえで最も重視しているのは「TOEIC」になります。

ですので、転職を考えたらまずTOEICです。

かつては、日本の英語スキルの資格としては英検が標準でした。

しかし、英検は日本国内のみで通用する資格となっています。

それに対して、TOEICは世界共通の英語スキルの判定基準です。

そのため、外資系企業の国内参入や海外取引の増加に伴い、TOEICの方が重視されるようになったのです。

2000年には、TOEICの国内年間受験者数が100万人を超え、2016年現在は250万人近くに上っています。

現在では、上場企業の7割が

「採用時にTOEICのスコアを参考にする」

と答えるほどになっているのです。

ただし、TOEICにはリスニングとリーディングの試験しかなく、英作文や英会話のスキルの証明にはなりません。

その点を熟知している人事の場合は、TOEICのスコアが高いということを即「英語で仕事ができる」とは考えていない現状もあります。

ただ、TOEICは合否判定のテストではなく、スコアが出るテストです。

そのため、転職候補者同士の英語スキルのレベルを比較しやすいという長所もあり、変わらず重視されているのです。

スポンサーリンク

そもそもTOEICとはどのような試験か?

ここまでで、TOEICがなぜ転職において重視されているのか、については分かっていただけたかと思います。

それではここまでを前提として、TOEICの概要と試験内容について説明します。

TOEICの概要とは?

TOEIC(トーイックまたはトイック)とは、英語を母国語としない人を対象にした、英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。

特定の文化を知らないと理解できない表現を排除しているので、だれもが公平に受けられるグローバルスタンダードとして世界約160カ国で実施されています。

また、知識や教養としての英語ではなく、オフィスや日常生活における英語によるコミュニケーション能力を幅広く測定しています。

転職 TOEIC

 

一般的に履歴書に書かれる「TOEICのスコア」というのは「TOEIC Listening & Reading Test」と呼ばれるもののスコアです。

英検は1級から5級までの7段階のレベル別のテストを受けて「合否」判定が行われます。

一方、TOEICは受験者全員が990点満点の同じテストを受け、10~990点までの5点刻みのスコアで英語のスキルを判定します。

ただし、上述の通りこちらはリスニングとリーディングの能力だけで、英会話や英作文の能力は測定されません。

英会話や英作文といったスピーキングやライティングの能力もアピールしたい方は、「TOEIC Tests」の中の

  • TOEIC Speaking & Writing Test
  • TOEIC Speaking Test
  • TOEIC Writing Test

も受験してみるとよいでしょう。

また、

資格 TOEIC

「いきなりTOEICを受けるのは不安…」

「簡単な問題で練習したいなぁ…」

といった方は「TOEIC Bridge Test」を受験することをオススメします。

こちらの試験は、初・中級者レベルのListening・Readingという二つの英語力を測定してくれます。

テスト時間は約1時間、問題数は100問と、いずれもTOEIC Listening & Reaading Testの半分となっています。

TOEICの試験内容

  • 受験資格:なし
  • 試験時間:2時間(Listening 約45分間+Reading 75分間)
  • 試験日:1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月の年10回
  • 受験地:全国約80都市で開催
  • 受験料:5,725円

試験の問題形式は…?

1:リスニングセクション(約45分、100問)

リスニングセクションは4つのパートから構成されていて、受験者はテープから一斉に流れる英文を聞いて問題に答えます。

【PART 1】写真描写問題・・・10問

1枚の写真が示され、それについて4つの短いナレーションが流れ、その中から写真について正しい説明がなされているものを選択する問題です。

【PART 2】応答問題・・・30問

1つの英文が流れ、その後に、それに応答する3つの文が流れ、その中からふさわしいものを選択する問題です。

【PART 3】会話問題・・・30問

2人の英語での30秒程度の会話を聞き、それに関する3つの質問に対して4択で答える問題です。

【PART4】説明文問題・・・30問

30秒程度の機内アナウンス、ラジオのニュース、スーパーマーケットでの案内音声などを聞き、3つの設問に4択で答える問題です。

2:リーディングセクション(75分、100問)

リーディングセクションは3つのパートから構成されています。

ここでは、短文または500語程度の英語の長文を読んで解答していきます。

【PART 5】短文穴埋め問題・・・40問

英文の一部がブランクになっていて、そこにふさわしい言葉やフレーズを4択で答える問題です。

【PART 6】長文穴埋め問題・・・12問

手紙やメールなどの長文の中の3つのブランクに、ふさわしい言葉やフレーズを4択から答える問題です。

【PART 7】読解問題・・・48問

手紙や広告、グラフや表などを読み込んで答える問題です。

このパートでは、2つの形式で出題されます。

一つは、問題文が1つであるもの。

もう一つが、たとえば広告とそれを見た人の問い合わせメールといったような、形式の異なった二つの問題文で構成されているものです。

設問数は、前者の形式が28問、後者が20問です。

TOEICのスコアは何点あれば転職に有利になる?

では、このTOEICでいったい何点のスコアをとれば、英語のスキルがあると人事に認められ、転職上有利になるのでしょうか。

資格 TOEIC

もちろん高ければ高いほどいいわけですが、目指す目標レベルがないと努力のしようもありませんので、目安をご紹介します。

各企業が求めるTOEICのスコア

たとえば、以下のように転職の求人情報に必要なTOEICのスコアのレベルを示している企業もあります。

  • 日本IBM:600点以上
  • 武田薬品工業:730点以上
  • 日産自動車:730点以上
  • 楽天:800点以上 

ただし、楽天に関しては、TOEICスコアで不合格になることはありませんが、入社までに800点を取得することが必要とされます。

一般的には募集している職種による

よく大学の新卒の学生が就職活動をする時に

「履歴書に書けるTOEICスコアは800点以上ないと有利にならない」

といった情報がビジネス誌の英語特集や、ネットの就活情報サイト・求人サイトなどに出ています。

しかし、TOEIC点数に関しての明確な根拠は見当たりません。

各人事の担当者の目安を総合してそう書いているものが多いです。

しかし、スコアが800点以上ということは、おおむね

  • 「英語で書かれたサイトから、必要な情報や資料を探せる」
  • 「仕事上の英語の議論について同僚の話が理解できる」

といったレベルとなります。

ですので、特に英語を日常的に使う部署の正社員に求めるスキルとしては妥当でしょう。

それらを踏まえて

「TOEICのスコアが何点以上あれば、履歴書に書いてアドバンテージになるのか」

ということは、おおまかには以下のようになります。

  • 英語を使う仕事でなければ、600点以上
  • 日常的に英語を使う仕事の場合は、750点以上、あるいは800点以上

ただしこれらも企業規模、海外業務のウエイト、企業の事業戦略などによって異なってきます。

しかし、いずれにしてもこのレベルは求められますので、まずは600点を目指して頑張ってみましょう。

ちなみに、TOEICのスコアを100点上げるために必要な勉強時間は、500〜600時間だと言われています。

外資系の企業はTOEICを重視しないケースもある

ここまでTOEICがいかに転職において重要視されているか、について見てきました。

しかし、何度も言うようにTOEICには会話力と英作文力、つまり英語の企画書作成の能力を判定する機能がありません。

そのため、外資系企業の中にはTOEIC以外の英語能力テストを重視するところもあります。

たとえば、英語圏留学時に必須の「TOEFL」(トーフル)、ビジネス英語に特化した「BULATS」(ブラッツ)などを重視している場合があります。

転職 TOEIC

外資系への転職を目指す場合は、その企業が求めている資格をよく調べることが必要です。

TOEIC以外の英語の資格についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェック!

「転職 英語 資格」に関する記事はコチラ!

TOEICのスコアを爆上げするためのオススメ講座3選!

ここまでで、いかにTOEICのスコアが転職において重要かということは分かっていただけたかと思います。

しかし

「独学で勉強するのは不安だなぁ…」

「何か効率的な学習法とかがあったらなぁ…」

と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはTOEICのスコアを短期間で爆上げするのに必須の英語講座をご紹介していきます。

RIZAP ENGLISH

冒頭でも紹介しましたが、スポーツジムなどでお馴染みのRIZAPが手掛ける英語講座です。

スポーツジム同様に、完全マンツーマン、専属トレーナー制となっています。

そのため、クラス制でありがちなクラスを分けるためのカウンセリングは存在しません。

受講者が英語を習得するために足りないのは何なのか?を見極めるために、英語レベルを単語・文法・リスニング・処理能力・反応速度などから総合的に英語力を診断してくれます。

この診断によって導き出される、目標達成に向けた受講者だけのフルオーダーメイドプログラムを提案してくれるのです。

様々なコースがありますが、TOEICスコアアップコースの料金体系は以下の通りです。

プラン回数受講期間目安価格(税別)
トライアルプラン全16回2ヶ月298,000円
ベーシックプラン全24回3ヶ月409,750円
プレミアムプラン全48回6ヶ月782,250円

また、入会金として50,000円が別途で発生します。

ですので、全体の費用としては35万円~83万円程度となります(受講期間によって異なります)。

確かに、英語学習への投資としてはやや高いと感じてしまうかもしれません。

しかし、2ヶ月から6ヶ月という短い期間で集中して取り組むことが出来るので、ダラダラと続けるよりも効果は大きいですし、結果として費用も安くなります。

それでも、始めるのが不安な方のためにRIZAP ENGLISHは本家RIZAP同様に「30日間無条件全額返金保証」を行っています。

これなら安心して始めることが出来ますよね!

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話は、外国人講師とマンツーマンで英会話レッスンが出来るWebサービスです。

資格 TOEIC

無料のインターネット電話ソフトSkypeを利用して、早朝5時~深夜1時まで、お好きな時間にお好きな場所からレッスンが受講できます。

料金プランについては、月額会費のみで入学金や教材費はかからないシステムとなっています。

プラン料金回数
毎日25分プラン5,537円/月月~日曜日
1日1レッスン
毎日50分プラン9,074円/月月~日曜日
1日2レッスン
週末毎日50分プラン5,537円/月金・土・日限定
1日2レッスン

また、産経オンライン英会話は、日本国内のオンライン英会話スクールでは初めてISO29990:2010(非公式教育・訓練における学習サービス)、ISO29991:2014(公式教育外の語学学習サービス)認証を取得しました。

価格面だけでなく品質面でも満足してもらえている証ですよね。

まずは、ぜひ2回分の無料体験を試してみてください!

「産経オンライン英会話 評判」のより詳しい記事はコチラ!

EF イングリッシュライブ

EF イングリッシュライブは、1996年の創立以降、約20年間にわたりオンラインによる英語学習を展開しています。

日本ではまだ珍しい、24時間参加できる講師主導型のオンライン英会話スクールの先駆けとして、世界中でクオリティの高い英語レッスンを提供しています。

現在、EF イングリッシュライブでは世界各地に約2,000人もの有資格のネイティブ講師が在籍しています。

料金体系は非常にわかりやすく、統一で6,900円となっています。

このLTA PLUSプランでは

  • 24時間いつでもアクセス
  • 進捗レポートと学習状況レポート
  • ネイティブによる英作文添削機能
  • スマホアプリ機能
  • 16段階のレベルに対応したオンライン教材
  • TOEIC/TOEFL試験対策コース
  • グループレッスン(30回/月)
  • マンツーマンレッスン(4回/月)
  • ビジネス英語
  • 目的別英語
  • レッスンテーマのカスタマイズ

が全て行えます。

また、1週間の無料体験ではこの中から、2種類のオンライン英会話レッスン(グループレッスン3回、マンツーマンレッスン1回まで)、オンライン教材、TOEIC&TOEFL対策コース、イングリッシュライブのアプリの全てが体験可能です。

資格 TOEIC

是非、1週間の無料体験だけでもEF イングリッシュライブを活用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがですか。

資格 TOEIC

今や、転職でキャリアアップしていくためには英語力は必須のスキルになっています。

確かに、スピーキングやライティングの面で不足部分はあります。

しかし、英語のスキルの標準の判断基準がTOEICであることは事実です。

ですので、より転職活動を有利にしようと思った場合には、TOEICに挑戦し、少なくとも必要な点数は確保するようにしましょう。

その際には、この記事で紹介した講座を受講することをオススメします!

 

 

 

これらの講座で英語力が十分についたと感じた方は、外資専門の転職エージェントで外資系企業への転職を決めてしまいましょう!

「転職エージェント 外資」に関する記事はコチラ!

スポンサーリンク
おすすめの記事