スポンサーリンク

転職エージェントは結局どこを使うのがオススメなの…?

転職エージェント 比較

あなたは転職活動を行う上で、どのように進めようと考えていますか

転職サイト、ハローワーク…

転職活動を行うに当たっては、人材紹介サービスだけでもいろいろな方法があります。

しかし、現在転職活動を行う上で、転職エージェントの存在は欠かすことができません。

 

その理由としては、人材の採用にあたっては転職エージェントを利用することが、一番効率的に採用を進められる、と企業側が考えているからです。

こうした時間生産性の高さという面で、企業は転職エージェントを非常に重視しています。

では、転職エージェントだったらどこでも同じなのでしょうか。

実は、そういう訳でもありません。

求職者にとってどのエージェントを使うか、というのは転職を成功させる上でで最も大きなポイントの一つになります。

では、どのようなポイントを重視して、どのようなエージェントを使えば転職を成功させることができるのでしょうか。

この記事では、現役の転職エージェント勤務の私が転職エージェントを選ぶポイントと、それに基づく転職エージェントのランキングを紹介します。

なお、このランキングについては企業側・求職者側の双方で最も転職ニーズの高い

「20代~30代前半の全職種を総合的に紹介できる転職エージェント」

という観点で見ていきます。

スポンサーリンク

転職エージェントを選ぶためのポイントって…?

では、転職エージェントを選ぶうえで具体的には何をポイントに選ぶことが重要なのでしょうか。

具体的には3つのポイントがあります。

そのポイントをここでは見ていきましょう。

求人数

まず、20代~30代前半の若手層の転職において、絶対的に必要なものは「求人数」です。

理由としては、この層においては異業種への転職が多くみられるからです。

一方で異業種に行きたいと言いつつも

「どんな業種がいいのか分からない…」

「業界知識がないから、そもそもどんな選択肢があるのか分からない…」

 

という求職者の方は意外と多いのです。

転職エージェント 比較

無理もないでしょう。

世の中にはあらゆる製品やサービスがあり、どの業種が自分に合うのかなんて分かるわけがないですよね。

そのため、選択肢という意味においては、多くのクライアントや求人案件を抱えている転職エージェントを使うということが最も重要となります。

求人情報の量が豊富である

転職エージェント 比較

では、求人数を持っていれば良いかといえば、そういう訳でもありません。

受かるための情報や、逆に面接でこんなことをしたら落ちるといった「企業情報」や「面接情報」をもっているのか、といった求人に関する情報量が非常に重要となります。

 

また、あなたが本当に活躍できる会社か、また過去早期退職している人がいる会社であった場合は、どんな理由で早期退職しているのか、などという情報も非常に重要です。

そうした情報が分かっていれば、たとえその会社に行くにしてもある程度覚悟が固まった状況の中で、入社することができます。

また、もし入社して長くやっていける自信がないのであれば、その企業への転職を取りやめることが出来ます。

そうすることで、無駄な転職をしてあなたの経歴に傷をつけずに済みます。

有益な求人情報をもっている転職エージェントというのは、良いエージェントであるための重要なポイントです。

提案のできる転職エージェント

転職エージェント 比較

転職者の言うことをただ素直に聞くだけの転職エージェントというのは、あなたにとっていいエージェントとは言えません。

あなたにとって最適な転職プランを提案できるエージェントこそ、良いエージェントと言えます。

 

では、「提案のできるエージェント」というのはどんなエージェントなのでしょうか。

例を挙げて説明をさせていただきます。

あなたが男性だと仮定します。

今の会社で営業の仕事に疲れたとして、転職エージェントに登録し、事務案件を受けたいという希望を伝えたとします。

この時に、機械的に事務職案件重視の求人紹介を行う転職エージェントは「使えません」。

なぜなら、事務案件への応募は非常に人気があります。

そのため、一つの募集に対して応募者が非常に多くなり、倍率が上がってしまいます。

加えて、事務仕事というのは考え方によっては非常に「疲れる」仕事です。

理由としては、単純作業でミスが許されないため、評価が減点法になるからです。

しかも、お金を稼いでくる仕事ではないため、給料があがりにくい仕事です。

そのため、客観的に納得のできる理由で「営業職」を進めるエージェントのほうが場合によっては信頼できます。

受からない事務案件で内定を取るために延々と転職活動をさせるより、現職の課題を解決できる営業案件を勧められるエージェントは有能だと言えます。

事務案件を勧めるにせよ勧めないにせよ、その理由を明確に言えることが大事です。

つまり、転職エージェント利用者の志向性や能力、やりがいなどを含め良い「提案」ができていることが良いエージェントの条件と言えます。

スポンサーリンク

現役転職エージェントが選ぶ転職エージェントTOP3

ここまでは、良い転職エージェントの定義を見てきました。

それでは、具体的にどの転職エージェントがいいのかということをランキング形式でお伝えします。

第3位:パソナキャリア

 

大手人材派遣会社である株式会社パソナの社内カンパニー「パソナキャリアカンパニー」が運営する「パソナキャリア」が3位です。

  • 求人件数:40,000件以上
  • 取引実績企業:16,000社以上

といった高い実績を持っています。

それでは、パソナキャリアのおすすめポイントを見ていきましょう。

高い年収アップ率・高い情報力を持っている

転職エージェント 比較

パソナキャリアの母体は大手人材派遣会社である株式会社パソナです。

そのため、これまでも派遣社員を大手各社中心に仲介してきました。

こうした背景から、企業の詳しい内部情報について持っており、人事における課題をしっかり認識しています。

どの企業にどんな求職者を推薦すれば、高い評価をもらえるかをしっかり把握しています。

また、転職成功ノウハウと題して

  • はじめての転職 失敗しない!転職活動のはじめ方
  • 事例に学ぶ!年齢別 転職成功の秘訣
  • 職務経歴書の書き方見本&フォーマットテンプレートダウンロード
  • 面接の傾向と対策
  • 業界・職種別 転職成功事例
  • 不安や疑問を解消!転職お悩み相談室

といった転職に役立つ記事を投稿しています。

中には

「転職後の住民税はどうなる?退職時期によって異なる納付方法」

「転職時には健康診断書が必要?取得方法と企業に提出する前の注意点」

といった「気になるけど誰に聞けばいいのか分からない…」と転職者が悩みがちなことについても解説してくれています。

こうした情報力が年収アップ率67.1%を実現しているのです。

 

キャリアアドバイザーの提案力が高い

転職エージェント 比較

求職者にしっかり案件を提案をする一方で、社員全体として「いい人」が多く、丁寧な対応をしながら重要なポイントを抑えていくような提案をしてくれます。

また、キャリアアドバイザーは「IT・WEB業界」といった業界ごとや「営業職」といった職種ごと、「東海エリア」といった地域ごと、といった特定のカテゴリに特化しています。

求職者側からすれば自身が求めている条件に特化しているキャリアアドバイザーから話を聞けるので、非常に受け入れやすい内容となります。

実際に利用した方も

  • 私の志向に合う求人を多く紹介いただき、転職を決められたので不満はありません。大変感謝しております。
  • 内定した企業に対して返答を急かされず、客観的にアドバイスして頂けた。
  • 話をよく聞いてもらえる、迷っていた時に的確なアドバイスが貰える。

といったようにキャリアアドバイザーの提案力を高く評価しています。

女性のキャリアチェンジに強い

転職エージェント 比較

パソナキャリアには、「ウーマンキャリア」という女性向け求人情報サイトがあります。

  • やりがいのある仕事で、キャリアアップしたい
  • 専門性の高い仕事で、より社会に貢献したい
  • 周囲にロールモデルがいないけれど、管理職を目指したい
  • 結婚・出産などのライフイベントがあっても、ベストな環境で仕事を続けたい

といった女性を応援するために作られた転職支援サイトです。

  • ハイキャリア
  • 次世代リーダー
  • 第二新卒
  • リケジョ

といったように一人ひとりの女性に合った転職支援を行っています。

 

 

あらゆる転職者に寄り添う姿勢で転職支援をしつつも、提案力とその提案をするための情報を保有しているため、多数の転職支援を実現できているエージェントと言えます。

ウーマンキャリアを運営していることからも分かるように女性の転職には非常に強いので、女性には特におすすめしやすいエージェントといえます。

転職エージェント「パソナキャリア」の公式サイトはコチラ!

第2位:エン エージェント

転職エージェント 比較

人材紹介会社の一つである、エン・ジャパン株式会社が運営する「エン エージェント」が2位です。

同社が運営している総合満足度No.1を謳う転職サイト「エン転職」が母体であり、求人数は約5,500件となっています。

エンだけ掲載求人が約80%を占めているとはいえ、求人件数自体はやや少ない印象を受けます。

それでは、エン・エージェントのおすすめポイントを見ていきましょう。

一定の質が担保された求人・転職情報を持っている

先ほども述べた通り、エン エージェントの母体は「エン転職」でおなじみのエン・ジャパン株式会社です。

転職エージェント 比較

確かに、求人件数は約5,500件と他社と比較すると少なくなっています。

しかし、転職サイトとしての歴史が長く、エン転職のブランドによって企業との関係性もしっかりと構築されています。

また、長年の求人情報メディアや人材紹介サービスのノウハウを活かして

  • 転職活動の始め方
  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接
  • 内定・退職・入社
  • 転職サイトとの違い

といった「転職に役立つ!人気の転職ノウハウ」を提供しています。

転職エージェントとしての歴史は決して長くはありませんが、求職者を満足させるだけの求人・転職情報を有しています。

会社としてのプロモーション活動に熱心

求人企業側の担当者が会社のことを知っていると

「有名な会社だから」

ということで担当者の対応がよくなり、転職交渉を有利に進めてくれます。

タレントのバカリズムさん、女優の松岡茉優さんでおなじみの「エン転職」のCMは、企業担当者から高い認知を受けています。

そのため、エン エージェントも同じ会社ということで認知してくれています。

高い影響力・知名度で、キャリアアドバイザーが企業に対し意見ができる土壌が整っているのがエン エージェントであると言えます。

キャリアアドバイザーへの教育が行き届いている

転職エージェント 比較

 

エン エージェントでは、キャリアの浅い登録者に対しては、求人の自動送信を行いません。

なぜなら、エン エージェントのキャリアアドバイザーは

  • 営業・マーケティング系
  • 事務・管理系
  • 経営・経営企画・事務企画系
  • コンサルタント系
  • 技術系(IT・Web・通信系)
  • 技術系(電気・電子・半導体)
  • 技術系(機械・メカトロ・自動車)
  • 技術系(化学・素材・食品)
  • 技術系(建築・設備・土木・プラント)
  • 技術・専門職系(メディカル)
  • 不動産系専門職
  • サービス・流通系
  • 金融系
  • クリエイティブ系

といったように得意分野別に分かれているからです。

そのため、登録者が紹介してほしい求人に合ったキャリアアドバイザーから、欲しい求人情報のみを受け取ることが出来ます

また、エン エージェントは面談内での提案を大事にしています。

面談であなたの希望と受かる可能性の高い求人の折り合いをつけ、方向性を決めた状態の中で転職活動を進められます。

エン エージェントは人材紹介事業を始めてまだ5年経っていないのですが、業界で5位以内の売り上げにまで伸ばしてきている今最も勢いのあるエージェントです。

会社の規模もありますが、この勢いで成長した背景は、企業・求職者へしっかり提案をしてきたことだと言えるでしょう。

「提案のできるエージェント」としてエン エージェントを認識してもらえたら良いでしょう。

転職エージェント「エン エージェント」の公式サイトはコチラ!

第1位:リクルートエージェント

転職エージェント 比較

人材業界最大手の株式会社リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」が1位です。

それでは、リクルートエージェントのおすすめポイントを見ていきましょう。

求人数、情報数は業界トップ

リクルートエージェントは説明不要の超有名転職エージェントです。

公開求人約34,000件、非公開求人約184,000件と圧倒的な求人数を誇っています。

また、全体の求人件数の内、約80%が非公開求人となっており、この数字は業界最大級となっています。

転職情報としても「転職成功ガイド」と題して

  • 転職成功ノウハウ
  • 転職成功ノウハウ~実践編~
  • 転職市場動向
  • 転職コラム・ツール

を提供しています。

特に

「成功・失敗事例に学ぶ 転職ケーススタディ」

「偉人の行動からリーダーシップを学ぶ 偉人たちの現導力」

などはかなり有用なコンテンツとなっています。

 

 

また、求職者向けに面接対策や職務経歴書などの書類対策といった転職セミナーを行うなど、転職情報の発信力の高さも業界随一です。

経験豊富なキャリアアドバイザーも多く在籍

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、どのエージェントよりも多くの求人を取り扱っています。

また、場数を踏んだ経験豊富なキャリアアドバイザーが数多く在籍しています。

あらゆる相談に対し、対応ができますし、解決ができる体制が整っています。

非常に高い提案能力でベストな転職へと導く力がある

上述のように、キャリアアドバイザーの経験が豊富であることに加え、求人数もどの転職エージェントより多くの求人を有しています。

そのため、数多くの求人と、その中から転職者に合う求人を提案するキャリアアドバイザーを持ち合わせています。

転職エージェント「リクルートエージェント」の公式サイトはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職エージェント 比較

今回、転職エージェントのトップ3を選びましたが、大手・中小問わず、優秀な転職エージェント・キャリアアドバイザーはたくさん存在しています。

また、上記で上げたエージェントの中でも、あなたにとって合わないエージェントはあるかもしれません。

その時、考えてほしいのは「優秀な転職エージェントの基準」です。

「ちゃんと自分に合った求人を多数保有しているのだろうか…?」

「きちんとした求人情報をもっているのだろうか…?」

「ちゃんと自分のために提案し、時に厳しいことも伝えてくれるのか…?」

といったことを意識しておけば、良いエージェントに巡り合え、最高の転職を可能にしてくれるでしょう。

最後に、これから転職をしようとする方に対して、良いエージェントとしっかり連携をとり、転職活動が成功することを祈念しています。

転職エージェント「リクルートエージェント」の公式サイトはコチラ!

スポンサーリンク
おすすめの記事