スポンサーリンク

経理に特化した転職エージェントってホントにあるの…?

転職エージェント 経理

2017年現在、転職エージェントで一番求人情報の多い管理系職種が何か知っているでしょうか?

その答えは「経理職」です。

経理職は、バックオフィスの仕事の中で最も専門性が高く、もっとも引き合いの多い人気の職種の一つです。

また、経理の実務経験を3年以上積んでいる人の平均年収はなんと350万円~600万円という相場になっています。

転職エージェント 経理

一方、専門職であるがゆえに転職エージェントの中でも、業務の理解がかなり難しい職種となっているのも事実です。

仮に、転職が成功しても、企業側の求める人材と転職者のスキルが合わない、ということが往々にしてあります。

そうして早期退職に至ってしまう、というケースが多い職種でもあるのです。

エージェントやキャリアコンサルタントは、転職に失敗したとしても、あくまで失敗例の一つに過ぎないかもしれません。

しかし、求職者の立場からすれば経歴に傷がついてしまい、今後の人生を左右してしまうかもしれませんよね。

そのため、経理への転職志望者においては、どの転職エージェントにサポートしてもらうか、というのは非常に重要な選択となります。

では、経理志望の方は、たくさんある転職エージェントからどのエージェントに依頼すればいいのでしょうか?

この記事では、経理志望の方が転職エージェントを選ぶ考え方や転職エージェントに相談するうえで気を付けることをお教えします。

その上で、経理志望の方が絶対に使うべきおすすめの転職エージェント5社をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

経理志望者が転職エージェントを選ぶ時のポイントって…?

経理志望者が転職エージェントを選ぶ際には

  • 「大手総合型」エージェント
  • 「管理系職種」・「経理・財務」専門のエージェント

から選ぶことをおすすめします。

これ以外を謳っている、中途半端なエージェントは使わないほうが無難だと言えます。

転職エージェント 経理

その理由としては、大手総合型エージェントや経理専門のエージェントには「経理職」専門のキャリアアドバイザーが存在するからです。

大手エージェントの場合、経理の専門知識はなくても、数多くの経理求人や経理人材と会っているため、高い経験値をもつ担当コンサルタントが多いです。

こうしたエージェントを利用すれば、場数を踏んでいるキャリアアドバイザー、もしくは経験は浅くとも、その指導者は場数を踏んでいるキャリアアドバイザーが担当となります。

つまり、担当してくれるエージェントやコンサルタントが有能である確率が高くなるのです。

転職エージェント 経理

加えて、多くの経理求人を依頼されていることから、求職者に最も合う案件をきちんと選んでもらえます。

一方、専門型エージェントの場合は、場数に加えて、専門的な知識や実務経験に精通しているエージェントが多数存在しています。

確かに、大手エージェントほど求人数はありません。

しかし、一定の求人数の中で確実に求職者に合う求人案件を紹介してくれます。

こうしたことから、経理職の方は「大手総合型」か「経理専門型」の転職エージェントに登録しましょう。

また、転職エージェントへの登録は基本無料ですので、迷った場合は両方に登録するのも一つの手です。

スポンサーリンク

転職エージェントへの相談で気を付けることって…?

転職エージェントへの相談で気を付けるべきことはたった一つです。

それは「嘘をつかない」ということです。

転職エージェント 経理

経理志望の方は、転職エージェントとの面談や企業との面接で出来ないことを「できる」と言ってしまうことがあります。

そして、その面談内容をそのまま転職エージェントも採用企業側も正しいととらえてしまうのです。

こうした状況で仮に転職に成功しても、確実に入社後に戦力にはなりませんよね。

企業が戦力にならないと判断した場合、もちろんその社員を退職に追いやってきます。

実際、やはりそのケースは何度も発生しています。

筆者自身も転職エージェントとして、転職者の面談内での嘘が原因で失敗したケースを何回か経験しています。

かといって、面談内で専門的な経理のスキルを客観的に確認する方法も限定されます。

転職してしまってから

「やっぱり出来ない」

では遅いのです。

転職者自身が身を守るためにも、正直に自身のスキルを伝えるようにしましょう。

経理職に強い転職エージェントおすすめ5選!

それでは、ここまでのポイントを踏まえて、経理職に強い転職エージェントについて5社ご紹介したいと思います。

MS-Japan

転職エージェント 経理

MS-Japanは、転職エージェントの中でもミドル層以上に強い管理系転職エージェントです。

経理・財務、人事・総務、法務、経営企画などの管理部門と、弁護士、公認会計士、税理士等の有資格者に特化したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

当然、管理系の求人の中で最も求人数の多い経理職の紹介にも長けており、実際数多くの成功事例を持っています。

加えて、MS-Japanは管理部門、有資格者における利用実績や認知度で1位を獲得しています。

転職エージェント 経理

そのため、求人数も数多くクライアントから依頼をされます。

経理職の求人案件が多く、かつ在籍するエージェントも経理職の紹介に長けています。

また、これまで取り扱った求人数45,000件のうち、非公開求人数は40,000件以上、約90%を占めています。

MS-Japanに登録すると、完全無料で以下のサービスが受けられます。

キャリアプランの提案キャリアアドバイザーが、キャリアビジョンやライフスタイルなどの転職者の希望を踏まえて、最適なキャリアプランを提案します。
採用側との各種交渉年収交渉はもちろんのこと、選考スケジュールの調整や、入社日の交渉などの際に、代理人として調整をサポートします。
面接対策面接が苦手な方も、プロのアドバイスを受ければ大丈夫!
ご希望に応じて模擬面接なども対応いたします。
応募書類の作成サポート(サンプルの提供・添削)作成前の書き方マニュアルの提供や、作成した職務経歴書の添削などで、あなたの書類選考通過率がアップするかも!?
便利な履歴書の自動作成機能もご利用ください。
非公開求人の紹介特化型No1エージェントとして、MS-Japan独自のコンフィデンシャル求人が多数あります。
市場には出回っていない希少な求人も随時紹介します。
転職相談会、セミナーへの参加MS-Japanでは職種特化の転職相談会を定期的に開催しています。
また、専門セミナーも随時実施しています。
オススメキャリア診断職種や業界に特化したアドバイザーが、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

30歳以上、ミドルクラスの経理職の方においては絶対押さえておきたい専門型エージェントの一つと言えるでしょう。

ジャスネットキャリア

転職エージェント 経理

ジャスネットキャリアは、公認会計士、税理士、および経理職といったお金周りの管理系資格・職種に特化した転職エージェントです。

確かに、ジャスネットキャリアは、MS-Japanほどの求人数は持っていません。

しかし、注力分野を「会計、税務、経理・財務」としており、MS-Japanと比較してかなり狭めています。

つまり、ジャスネットキャリアは、この分野においてはかなり専門性の高い転職エージェントと言えます。

さらに、ジャスネットキャリアは人材紹介だけでなく、人材派遣と人材教育も展開しています。

そのため、現場の責任者から直接、採用や教育の相談を承ることがあり、独自の求人が集まっています(非公開求人 99%)。

また、ジャストネットキャリアは、居酒屋店員から会計事務所への転職を成功させた実績があるなど小回りの利く対応ができるエージェントです。

より専門性の高い転職エージェント、小回りの対応ができる転職エージェントを希望される方におすすめと言えます。

TACキャリアエージェント

TACキャリアエージェントとは、TACプロフェッションバンクが運営している転職エージェントです。

TACプロフェッションバンクは、「資格の学校TAC」の戦略子会社です。

転職エージェント 経理

経理・財務・税務・金融・英文経理・英文会計などの募集内容から、一般企業や会計事務所など、実務経験や資格を十分に発揮できる求人を無料で紹介しています。

すべてのキャリアアドバイザーが経理職に関する知識を有している点で、非常におすすめできるエージェントです。

また、TACは資格予備校を運営しているという点で、会計事務所や税理士法人とのパイプもあり、会計士求人も豊富です。

簿記資格を保有し、会計事務所で働きたいという方にもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

転職エージェント 経理

パソナキャリアは、総合型の転職エージェントとして数多くの求人数を保有しています。

取引実績企業は大手企業や上場企業を含めて16,000社に上り、また非公開求人も80%に達しています。

パソナキャリアをおすすめする理由は、大手総合型転職エージェントの中では最も対応が丁寧で、求職者からの満足度が非常に高いからです。

ここまで見てきた通り、経理職は求人数が多いことが特徴となっています。

それゆえに、求職者は売り手市場にあります。

つまり、経理職の経験者であったり、一定の経験を担保できれば、かなりトントン拍子で内定にまで至ることが多いです。

その際に、一般的に転職エージェント側は内定が出るとわかるや否や、内定を受諾させる方向で話を展開させます。

一方、パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、転職者に寄り添うような対応をすることで評判が高いです。

スキルのある方や、若手だけど決算補助ができるハイキャリアの方であれば、高い確率で内定が出るケースが多いです。

こうした方には、相談しやすいキャリアアドバイザーが多く在籍しているパソナキャリアをおすすめしています。

リクルートエージェント

転職エージェント 経理

人材紹介会社の最大手であるリクルートキャリアが運営している転職エージェントが、リクルートエージェントです。

人材紹介業界内でも日本最大の人材紹介サービスの一つとなっています。

転職を考えている人は

「エージェントを使うつもりはないなぁ…」

という人でもとりあえず登録しています。

中途半端な求人情報サイトに登録するよりも、転職を確実に有利に進めることが出来ます。

どの業界においても強固なパイプがあり、経理職の求人案件も事務系を中心に例外なく保有しています。

関東関西など勤務地も全国にわたっており、地域別に検索することも可能です。

さらに、国内企業だけでなく日本で働ける外資系企業の求人や、海外求人などグローバルな案件もしっかり揃っています。

また、キャリアアドバイザーは経理職専任のアドバイザーがあなたを担当してくれます。

豊富な求人数を保有しているエージェントであるため、それだけ経験値も高いアドバイザーが数多く在籍しています。

豊富な求人から、真に自分自身が行きたい、そのために数多くの求人を見て、その上で自身の転職先を決めたいと考えている方にはおすすめの転職エージェントと言えます。

また、経験は浅いけど転職したいという方にも必ず押さえていただきたい転職エージェントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職エージェント 経理

改めて、経理職に強い転職エージェントは

  • 「大手総合型」
  • 「管理職専門」・「経理職専門」

の転職エージェントです。

もちろん、あなたに合うエージェントをこの中から選ぶべきですが、なかなか決めることは出来ないかもしれません。

その場合は、「専門型」と「大手総合型」の二つの転職エージェントを併用して転職を進めましょう。

そうすることで、転職成功の可能性は上がってきます。

数多くの求人に触れつつ、定性的に自分の適性に合った仕事探しをしていけばより、経理職としての転職成功の可能性は上がってくることでしょう。

そして、転職エージェントに頼って転職を成功させるためには、自分の能力をエージェントや企業に対して「正直」に伝えましょう。

そうすることで、確かに選考に落ちる可能性は増えるかもしれません。

しかし、最終的に行ける企業は1社だけです。

最高の1社に巡り合うためには、誠実であることが必要です。

そのこともきちんと認識し、転職エージェントと向き合えば、良い転職ができるでしょう。

誠実に、正直に、エージェントとコミュニケーションをとってもらえたら必ず転職を成功させることが出来るはずです。

スポンサーリンク
おすすめの記事