スポンサーリンク

転職エージェントで内定獲得するまでの流れとポイントとは?

この記事を読んでいる方の多くは、これから転職をしようと考えている方々だと思います。

転職活動を行うにあたっては

  • 転職サイトを使う
  • ハローワークを使う
  • 知人の紹介で転職をする

など、多くの選択肢があります。

その中で、現在最もメジャーな転職手段の一つが「転職エージェント」の利用です。

転職エージェント 内定 獲得

その理由は、大手企業や一流企業の人事が転職エージェントを使っているケースが多いからです。

では、なぜ企業は転職エージェントを使うのでしょうか?

それは、転職エージェントを使うことで採用担当者・人事担当者の業務負担が下がり、効率的に採用活動が行えるからなのです。

転職サイトを採用活動で使うと、特に人気企業の場合は募集ターゲット外の求職者からのエントリーにも対応しなければなりません。

また、転職サイトは不特定多数の人が見ることができることから、あらゆる人材紹介会社からの問い合わせがあり、その対応に追われるという手間があるのです。

ハローワークを利用した採用活動においては、確かに問い合わせ対応等の手間はありません。

しかし、ハローワークの職員には適した人材の推薦をする能力がないので、質の高い応募者が現れません。

上記のような背景から、転職エージェントを使った採用活動が企業側にとって、もっともメジャーとなっているのです。

そこで、この記事では求職者として転職エージェントを使った場合にどのような流れで進むのか、ということについて見ていきましょう。

また、それぞれのフェイズでのポイントも説明していきます。

スポンサーリンク

全体的な流れは…

まずは、転職エージェントを利用する際の全体的な流れを見ていきましょう。

全体的な流れは以下の通りです。

  1. エントリー
  2. 面談前準備
  3. 転職面談
  4. 面接・面接調整
  5. 内定
  6. 内定承諾後の対応

では、それぞれのフェイズについて順を追って見ていきましょう。

まずは、エントリー!

転職エージェントのエントリー方法は大きく二つあります。

一つ目は、各転職エージェントのHPからエントリーする方法です。

転職エージェント 内定 獲得

ホームページに必要事項を入力しておけば、転職エージェント側から連絡があるので、それを待てばOKです。

しかし

「転職エージェントもたくさん種類があってどれに登録すれば良いのか分かんない…」

という方もいるでしょう。

そういった方は、例えば

「有名どころのリクルートエージェントと志望業界に特化したパソナキャリアに登録する」

といったように複数登録をしておくのがおすすめの方法です。

二つ目は、「スカウト」を待つという方法です。

転職エージェント 内定 獲得

まずは、リクナビNEXTやマイナビ転職といった転職サイトに登録します。

そして、転職エージェントからのスカウトを受け入れる設定にしておけば、あなたの経歴に合う求人案件とセットで面談の案内がメッセージ機能から送られてきます。

そのスカウトに対し対応することで、改めて担当キャリアコンサルタントから面談の案内があります。

その案内に従えばOKです。

ポイント

自己エントリーの場合はなるべく、リクルートエージェントなどの大手転職エージェントに登録してください。

やはり、大手は求人量が豊富なので優先的に登録するべきだと言えますね。

また、スカウトを受ける場合は、納得感のあるスカウトのあるエージェントのオファーにしてください。

スカウトに関しては、中小の転職エージェントでも構いません。

なぜなら、経験・センスのあるオファーをする会社からエントリーする方が、今後の転職活動をうまく進めることが出来るからです。

次は、面談前準備!

転職エージェントの面談を受けるまでに、転職エージェント登録者自身が準備をするものがあります。

それは

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 履歴書の写真

の三点です

転職エージェント 内定 獲得

この三点セットを揃え、そのデータを担当コンサルタント側にメールで送っておくと良いでしょう。

また、転職エージェントによっては、事前アンケートを求められる場合もあります。

求められた場合は、事前にアンケートを作成しておきましょう。

もし時間がない場合は、口頭での回答で問題ないかをコンサルタントに電話連絡すべきでしょう。

そのアンケートを参照することで、転職面談がスムーズに終わります。

有意義な面談にするためにも、こうしたアンケートについてはきちんと事前回答しておきましょう。

ポイント

やはり、事前準備をちゃんとしてくる方とそうでない方への転職エージェントの対応は変わってきます。

書類一式を準備していない方は、転職へのやる気がなく、エージェントにとって売り上げにならない、と判断されてしまいます。

エージェントの利用の有無に関わらず、履歴書、職務経歴書の作成は必要なのでこれを機に作ることをオススメしますよ!

いよいよ、転職面談!

では、いよいよ転職面談です。

転職面談で行うことは

  • 転職に関するカウンセリング
  • 転職活動に関する方針の決定
  • 求人紹介

となります。

時間としては1~2時間程度を想定してください。

では、それぞれ具体的にどういった内容のものなのかを見ていきましょう。

転職に関するカウンセリング

面談の冒頭は簡単なあいさつの後、「転職に関するカウンセリング」を行います。

転職エージェント 内定 獲得

ここでは

  • これまでの経験
  • 転職理由・志望動機
  • 新しい転職先に求めること

といったことを確認していきます。

担当コンサルタントが

「あなたの働く上での課題」

をまずは明確にしていく作業だとお考えください。

転職活動に関する方針の決定

カウンセリングの中で「課題」が明確になったら、今度は

「その課題を転職においてどう解決するか」

ということを決めていく必要があります。

例えば、店舗販売の経験の方が、土日休みを望まれているとします。

その場合、職種としては対法人向けの営業職を提案するのが担当キャリアアドバイザーの定石となります。

では、具体的にどの業界の営業職を目指していくのか、となった場合

  • 「有形」の商材の営業案件をメインで受けるのか
  • 「無形」の業商材の営業案件をメインで受けるのか
  • どの業界を第一志望として考えるのか

などといった方針を、業界特性、給与や年収、また求職者の人物像とご意向を踏まえて立てていくこととなります。

求人紹介

上記の方針決めと同時進行でやることも多いのですが、方針に合った求人情報の紹介を面談の最後に行います。

もし、受けたい求人があればその場で「受ける」旨を転職エージェントに伝えましょう。

ポイント

ポイント①

求人はいつ募集枠が埋まるかわからないので、応募にはスピード感が求められます。

可能な限りすぐに意思決定をすることをお勧めします。

ポイント②

お金と労働条件のことは重要ですが、それだけしか言わない求職者はあまり好まれません。

仕事に対するやる気・意思、こんな働き方をしたいということも明確にしてください。

面接・面接調整へ…

応募意思を転職エージェントに側に示すことで、その求人にエントリーすることができます。

エントリーした後に書類選考を通過したら、面接の日程調整をすることになります。

基本的に、求職者が転職エージェントに対してすべきことは、面接可能な日時の提示です。

転職エージェント 内定 獲得

その後の応募企業側との調整は、原則全て転職エージェント側が対応してくれます。

調整後はスケジュール通り、応募企業に足を運んでください。

また、面接対策として面接情報の提供などといったサポートサービスも行います。

求人サイト経由で面接を受けるより、情報をある程度持った状態で面接に行ける点も転職エージェントを使うメリットです。

ポイント

ポイント①

スケジュール調整は遅滞なく行ってください。

ルーズな求職者はエージェント、企業双方から嫌われます。

ポイント②

1回の面接キャンセル・スケジュールの再調整は許されますが2度は許されません。

スケジュール調整能力も面接でみられていると思って下さい。

内定GET!

転職エージェント 内定 獲得

最終面接に合格し、複数社の内定を獲得した場合、その内定を出してもらった会社に対し「行く」、「行かない」という意思表示を示さなければなりません。

その際、求職者の意向に合わせて、その内定を出してもらった会社の企業情報を追加で提供してくれます。

また、他社の選考が進んでいた場合においては、内定承諾期限の調整なども対応したりします。

内定承諾後の対応

内定承諾後の対応としては主に二点です。

それは

  • 退職交渉のフォロー
  • 入社前準備の対応

です。

退職交渉のフォロー

退職交渉を行う際、状況においては退職を認めないとか現職側から言われることがあります。

また、カウンターオファーと呼ばれる退職を防ぐために、本人の希望するポジションの提示や昇給が行われたりします。

これらに対する相談も受け付けています。

入社前準備の対応(入社までの対応)

今後の入社までのフローについても対応しますし、あとは企業側の直接対応が適切だった場合はその仲介を行います。

入社の決定で支援は終わりではなく、入社するまで支援するというイメージを持ってもらえたら良いでしょう。

ポイント
入社前辞退・現職の残留はやめましょう。

信用が重要視されるビジネスの世界で約束を破ることはあなたの社会人としての資質を疑われます。

加えて、退職に関する干渉・カウンターオファーや所詮は「一時しのぎ」です。

また、今は良くても都合が悪くなったら、「反乱分子」とみなされ、今後退職勧奨を受ける可能性もあります(そのケースは今までいくつか見てきました)。

スムーズな退職や退職日の調整ができない場合は随時転職エージェントに相談を行ってください。

スポンサーリンク

まとめ

転職エージェント 内定 獲得

転職エージェントを使った、入社までのフローをご理解いただけましたでしょうか。

転職エージェントを利用することで、あなたの転職活動にかかる負担を軽減できますし、なにより無料で転職活動のサポートを受けることができます。

ただし、無料であるがゆえの注意点もあります。

やる気のない求職者に時間を使っても1円にもならないことから、あなたが転職の意思を明確に示し、前向きに取り組まないとエージェントからそっぽを向かれることもあります。

信頼できる、使える転職エージェントに対しては、必要な対応を可能な限り遅滞なく対応するということを意識して行ってください。

改めて、現在の転職活動において転職エージェントは欠かせない存在となっていることがわかってもらえたかと思います。

是非、転職エージェントを最大限活用して転職活動を成功させてくださいね!

また、このサイトでは一押しの転職エージェントとして「リクルートエージェント」を紹介しています。

「リクルートエージェント 口コミ」に関する記事はコチラ!

もし

「どの転職エージェントを使えばいいのか分かんないよ…」

という方は以下から公式サイトへ!

スポンサーリンク
おすすめの記事