【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

転職エージェントの賢い使い方とは?有名転職エージェントの評判を徹底比較!

いざ転職となれば、転職エージェントを利用する人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に転職エージェントを利用して転職した人が”失敗した”と感じるケースに、

  • キャリアアドバイザーとのやり取りがうまくいかなかった
  • 転職先が希望と異なっていた
  • サービスを上手く利用できなかった

これらの意見が挙げられています。

キャリアアドバイザーに相談できる機会を設けたのなら、サービスを最大限に活かして転職したいと考えるのは当然です。

しかし、転職エージェントをどう利用すれば、サービスを最大限生かせたことになるのか分からないのではないでしょうか?

そこで今回は、転職エージェントを賢く利用して理想の転職を叶えるコツを紹介していきます。

転職エージェントのサービスをフル活用して、理想の転職を目指しましょう!

目次

転職エージェントとは?

まずは、転職エージェントとはどういったサービスなのかを紹介します。

転職エージェントのサービスとは?

転職エージェントの主な業務とは、企業から人材紹介の依頼を受け、その企業に適した人材を探して紹介することです。

転職者から見た転職エージェントとは、希望する職種に就職するための各種サポートが受けられる場となります。

登録は簡単で、実質無料で転職活動ができるメリットがあります。

転職エージェントが無料で利用できる理由

登録から利用、転職成功まで実質無料で利用できる転職エージェントですが、なぜ無料で利用できると思いますか?

転職エージェントが無料で利用できるのは、企業から支払われる成功報酬が主な収入源となっているためです。

企業と提携しているため、転職者は無料で転職エージェントのサービスを利用できるということになります。

サービスの品質が悪いといった理由ではないので安心して利用できますね。

転職エージェントを使うメリット

続いて、なぜ転職エージェントを使うといいのか、転職エージェントを使うメリットを紹介します。

転職エージェントを使うことで得られるメリットには

  • キャリアカウンセリングが受けられる
  • 履歴書を添削してくれる
  • 特別な求人が見られる
  • 不合格の際フィードバックがもらえる

の4つが挙げられます。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

キャリアカウンセリングが受けられる

転職エージェントを使うメリットの1つ目は、キャリアカウンセリングが受けられることです。

キャリアカウンセリングとは、自分の職歴や能力を客観的に分析してもらうサービスです。

客観的に自分のスキルを分析してもらうことで、自分が希望する職種以外にも挑戦できそうな職種や業種を紹介してもらえる可能性が上がります。

自分だけの判断で転職を決めると、それまでの経験が仇となって視野が狭くなりがちです。

選択肢を広げてもらうことで、自分の希望する条件にマッチした職場を紹介してもらえる確率が高くなります。

履歴書や職務経歴書を添削してくれる

転職エージェントのメリット2つ目は、履歴書や職務経歴書を添削してもらえることです。

どんなに内容の濃い履歴書や職務経歴書であっても、応募先の企業にとって魅力的ではない履歴書等は書類選考の時点で落とされてしまいます。

企業が希望する人材を理解しているキャリアアドバイザーに添削してもらうことで、企業に合わせた内容となり、書類選考で落とされる可能性をぐっと押さえられます。

また、履歴書を添削してもらえば自分だけでは気づかない魅力や自己アピールを見つけられることもあります。

転職エージェントだけが持つ特別な求人情報を見られる

転職エージェントを利用するメリット3つ目は、特別な求人情報を教えてもらえることです。

企業が特定のスキルを持った人材のみを紹介してもらうために、条件を細かく絞った求人をキャリアアドバイザーに提示することがあります。

こういった求人のことを「非公開求人」と呼びます

「非公開求人」は、キャリアアドバイザーが募集要項を満たすと判断された場合にのみ紹介される求人情報なので、一般の応募よりも企業に選んでもらえる可能性が高くなります。

不合格の場合、人事からのフィードバックがもらえる

転職エージェントを利用する最大のメリットといえば、不合格の際、企業の人事からフィードバックがもらえることでしょう。

通常であれば不合格となった人に、不合格の理由は通知されませんが、キャリアアドバイザーには今後の紹介のこともあるため不合格の理由を企業に尋ねる必要があります。

そのため、普通では教えてもらえない不合格の理由も、キャリアアドバイザーを通じることで教えてもらえる利点があります。

不合格の理由が分かれば、次の面接に失敗を生かせるので心強いですね。

転職エージェントを選ぶポイントとは?

出展:https://pixabay.com/ja/

転職エージェントについて分かったところで、数ある転職エージェントの中から理想の転職エージェントを見つけるポイントを紹介しましょう。

転職エージェントを選ぶ際のポイントは

  • 転職エージェントの種類
  • 求人案件数
  • キャリアアドバイザーとの相性
  • プライバシーマークの有無

の4つのポイントにあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職エージェントの種類で選ぶ

転職エージェントにはいくつかの種類があります。

転職エージェントの種類には

  • 総合型エージェント
  • 専門特化型エージェント

の2つがあります。

業界にこだわらず、広い範囲で自分に合った転職先を見つけたいのであれば「総合型エージェント」がおすすめです。

自分の専門的な特技を活かして転職したいのであれば「専門特化型エージェント」がおすすめです。

求人案件数で選ぶ

2つ目のポイントは、求人案件数の多さが重要になります。

求人案件数の数が多ければ多いほど、転職のチャンスはもちろん、自分のやりたいことが仕事にできるチャンスも多くなります。

また、サイトに掲載されない「非公開求人」を抱えるエージェントもあるので、気になった転職エージェントがあれば一度問い合わせしてみるといいでしょう。

キャリアアドバイザーとの相性で選ぶ

転職エージェント選ぶ際のポイント3つ目は、キャリアアドバイザーとの相性です。

転職エージェントに登録しても、直接やり取りするのはキャリアアドバイザーです。

登録前に判断するのは無理ですが、談で質問や対話を重ねることで自分の性格に合っているかチェックしてみましょう。

もし、自分の性格に合わなければ交代してもらうことも可能なので、頼んでみましょう。

プライバシーマークをチェック

転職エージェントを選ぶ際のポイント4つ目は、プライバシーマークの有無です。

プライバシーマークとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が認定している認定証です。

JIPDECに個人情報を適切に取り扱っていると判断された転職エージェントにのみ交付されるマークです。

個人情報の漏洩が問題となりつつある昨今、個人情報の取り扱いが国で保障されている転職エージェントを選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

有名転職エージェントの評判を比較!

転職エージェントの選び方がわかったところで、転職エージェントの評判を比較してみましょう。

ここでは全国に拠点を置いている

  • リクルート
  • doda

こられ2つの転職エージェントの評判をまとめてみました。

2つのエージェントの評判を比較し、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートは、求人数、転職成功実績とともにナンバーワンの転職エージェントです。

他社に勝る求人数が最大の魅力で、転職業界からも圧倒的な支持を集めています。

どんな業種も満遍なく取り扱っており、全国に拠点を置く転職エージェントなので、登録して損することはありません。

オリコン満足度、転職後の収入アップ率も高いおすすめのエージェントです。

リクルートに寄せられた評判は以下の通りです。

とてもスピーディーな連絡と面接の案件を次々に紹介してくれるのはとても助かりました。おかげさまで、マイペースな性格の私でも早くに転職を決められました。希望していた業種を理解してくれ、満足のいく転職活動ができました。

求人数が多くやりたい仕事も多々ありました。しかし、求人が偏りがちでやりたい仕事が見つからないということもあるようです。エージェントと自分の捉え方が違うため、希望職種の食い違いがあったり、うまくいかないこともありましたが、とことん話し合うことで最終的に希望職種に転職できました。

説明やアドバイスがとても丁寧で好印象です。就職した後もサポートしてくれる点はとても助かりますが、真面目すぎて融通が利かない点は、どうにかして欲しいなと思います。

転職活動に対するアドバイスや、企業とのやり取り、就職後のサポートも充実しているということがわかります。

アドバイザーとの相性さえ合えば、文句なしの高評価といえるでしょう。

doda

DODAエージェント

dodaは、リクルートに着次ぐ求人数と転職実績を誇る転職エージェントです。

大手企業からベンチャー企業まで多くの求人を取り扱っているため、キャリアアップしたい人におすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

また、専任スタッフによる「非公開求人の紹介」といったサポートが受けられるのも魅力です。

求人件数が多いので、豊富な職場から選べるところはいいと思います。面接対策のスキル講習や、転職セミナーもあったので助かりました。

自分の望むキャリアについてしっかり話を聞いてもらえて、自分では想像もできない職種に紹介してもらえた点は良かったと思います。他の転職エージェントも利用していましたが、対応はdodaが一番良かったと思います。

求人紹介数が多いということは、それだけ悪質な企業も混ざっているのでそれを古い落とすのが大変でした。掲載されている情報と、実際の就職先に差があり、ブラック企業に勤めることになってしまいました。

dodaは、求人件数が多いものの、”悪質な企業を見分けるのが大変”という意見が目立ちました。

中にはブラック企業に就職してしまったという人もいるようなので、キャリアアドバイザーとの話し合いは入念に行う必要がありそうです。

転職エージェント利用の流れと賢い使い方

転職エージェントの評判が分かったところで、転職エージェントの賢い使い方を紹介します。

転職エージェントを賢く利用するポイントは

  • 複数のエージェントに登録する
  • 目的を明確化する
  • コンサルタントをやる気にさせる

にあります。

それぞれ、利用の流れとともに詳しく紹介していきましょう。

登録

転職エージェントを利用するにあたって、まず必要なのが登録です。

転職エージェントに登録する際は、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

アドバイザーによってアドバイスの内容が異なり、求人の詳しさについても差が出てくるため、複数のアドバイザーの意見を聞いて自分が納得できる道を探しましょう。

さらに、エージェントごとに契約している企業が異なるので、複数利用することでより多くのより多くの企業へ就職できるチャンスが増えます。

面談前

転職エージェントに登録すると、コンサルタントと面談することになります。

面談前にできることはないと思われるかもしれませんが、履歴書・職務経歴書を送付しておくことをおすすめします。

面談前に履歴書や職務経歴書を送付しておくことで、キャリアコンサルタントが前もって面談の準備を整えられるようになります。

事前に準備してもらうことで、初回から内容の濃い面談ができるでしょう。

もし、事前に用意が出来ない場合は、電話口でだけでも自分の経歴を伝えておくようにしましょう。

また、自分の希望を伝えておくことも大事です

伝えるべき希望は

  • どういった職種に就きたいのか
  • 勤務地
  • 年収

の3つです。

履歴書にも記入できる欄が設けられているので、書類を送る場合でもしっかり記入しておきましょう。

面談

転職エージェントに登録し、自分の情報を事前に伝えれば、日程を決めて面談と相成ります。

面談で重要となるのは、

  • 目的を明確にする
  • コンサルタントをやる気にさせる

これら2つのポイントです。

転職エージェントでは、転職をサポートしてくれますが、さすがに「何も決まっていない」という転職者のサポートまではうまくできません。

最低でも、ある程度の方向性や希望職種を決めておきましょう。

続いて、キャリアコンサルタントをやる気にさせるポイントとは、

  • 短期決戦を心がける
  • 他のエージェントに登録していることも伝える

の2つにあります。

多くの転職エージェントにおいて、フォローの優先順位の要因となる「初回登録日」が存在します。

この「初回登録日」から日数が経過する毎に案件紹介の優先順位が下がっていってしまいます。

案件の紹介頻度が下がってしまう前に、転職を決める必要があるということです。

転職期間は、最長でも3ヶ月以内が理想です。

また、“複数の転職エージェントに登録している”と伝えることで、転職に対する意欲をアドバイザーに示せます。

他社に転職者を取られることを回避するために、アドバイザーもやる気になってくれることでしょう。

面接

多くの転職エージェントでは、応募書類の添削とともに面接対策の一環として、「企業に自分をアピールする方法」を教授してくれます。

アドバイザーのアドバイスに耳を傾け、本番では”自分を雇うことでえられるメリット”をしっかり面接官に伝えましょう。

内定

転職エージェントの仕事は、転職者の内定が決まった時点で終了というわけではありません。

内定後も、

  • 給与交渉の代行
  • 内定通知書の受け渡し
  • 円満退職のサポート

これら3つのサポートが受けられます。

“内定が決まったらさようなら”ではなく、これらのサービスもしっかり受けて、理想の転職を目指しましょう。

転職エージェントを使う上での注意点

悩む男

ここまで、転職エージェントがどういうサービスなのか、どのような転職エージェントがあるのか、転職エージェントを賢く使う方法などを紹介してきました。

最後に、転職エージェントを使う上で注意したいポイントを紹介しておきましょう。

ここまで紹介した内容と、注意すべきポイントに気をつければ、理想の転職にもこぎつけることでしょう。

キャリアアドバイザーにとって有益な求職者になる

一番重要なのがキャリアアドバイザーにとって有益な人材となることです。

キャリアアドバイザーは多くて100人ほどの求職者を常に抱えています。

多忙な中で、“全ての人材に手厚くサポートするのは無理”というのは当然でしょう。

キャリアアドバイザーにとって、転職者を企業に紹介するのはビジネスです。

確実に転職してくれそうな人材になれれば、質の高いサービスを提供してもらえることになります。

より良い人材となれば、一度落とされた企業に対し「もう一度検討してほしい」と打診してもらえる可能性もあります。

「商品としてしか見られていない」と感じる利用者も多いようですが、転職エージェントを利用するなら「自分は商品である」と自覚することも重要です。

言いなりにならない

転職者の中には、キャリアアドバイザーに勧められるがままに求人に応募する人がいます。

キャリアアドバイザーとの信頼関係がきちんと築けていられれば、自分が希望した職種を勧められているはずです。

しかし、客観的に振り返ってみると”希望していた職種とは異なる求人に応募していた”という人も少なくありません。

話しやすいアドバイザーであったとしても、紹介された求人が自分の希望する条件に合致するかは自分で判断しなければなりません

もし、何度面談しても希望する条件に合わない求人ばかりを紹介されるようであれば、担当のアドバイザーを変更してもらったり、転職エージェントを変えましょう。

ありのままを話す

キャリアアドバイザーに適切な仕事を紹介してもらうためには、ありのままを話すことが重要です。

転職理由はもちろんですが、休職期間がある場合も休職理由を正直に話しておきましょう。

本当の理由を踏まえて、あなたに合う企業を紹介してもらうのです。

ただし、前職での不満や愚痴、悪口を言うのはやめておいたほうがいいでしょう。

“転職してもすぐに辞めそうだ”と思われてしまい、登録日に関係なく紹介優先度が下がってしまいます。

次の職場ではどう改善するかを合わせて伝えるようにすると、意欲のある転職者と見てもらえる可能性があります。

もし、前職の愚痴や悪口を言ってしまった時は改善案も一緒に伝えるようにしましょう。

まとめ

WorkingLady

今回は、転職エージェントを賢く利用して、理想の転職を叶える方法を紹介しました。

転職エージェントを賢く使うポイントは、

  • 複数の転職エージェントを利用する
  • 面談前に自分の希望を固めておく
  • キャリアアドバイザーのアドバイスはしっかり聞く
  • 保守サポートをうまく使う
  • 転職期間は最大でも3カ月以内

以上5つです。

転職エージェントは、全てを丸投げで転職できる場所ではないことをよく理解し、上手に利用した上で理想の転職を叶えましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる