【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

就職支援やサポートが充実しているおすすめプログラミングスクール5選!失敗しない選び方とは?

現在、IT企業の発展は著しく多くの人が就職・転職先にIT企業を掲げる時代となってきました。

そのニーズを受け、近年小学生にはプログラミング習得が必須とされるほどです。

しかし、社会人においてはIT企業への就職・転職に必要とされるプログラミングはなかなか学べる機会がなく、転職の足枷となっているのは事実です。

そんな足枷を取っ払うのにオススメなのがプログラミングスクールですが、

「沢山ありすぎて、どのプログラミングスクールを選べばいいかわからない…」

という人も多いのではないでしょうか?

今回は、数あるプログラミングスクールの中から、就職・転職に強いプログラミングスクールを5つ紹介します。

今の会社を辞めてIT企業に転職しようとしている人も、新卒でIT企業へ就職を目指す人もこの記事を参考にプログラミングスクールを選んでみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
プログラミングスクールおすすめ人気ランキング2021年4月最新【徹底比較レビュー】
プログラミングスクールおすすめ人気ランキング2021年4月最新【徹底比較レビュー】なんて思っていませんか?近年IT産業の発展に伴ってプログラミングの人気が高まってきています。デジタル庁の創設など菅総理大臣が国全体のデジタル化を急いでいること...
目次

プログラミングスクールとは?

悩む男

そもそも、プランプログラミングスクールとはどういうところなのか疑問に思っている方も多いでしょう。

まずはプログラミングスクールがどういうところなのかを紹介しておきます。

プログラミングスクールとは?

プログラミングスクールとは、その名の通りプログラミングを学べる社会人向けの学校です

社会人向けということもあり就職にはもちろん、転職にも活用されることが多く、働きながらプログラミングの基礎を学べるような工夫がなされています。

転職を目指す人を様々な方面からサポートしてくれるサービスも実施しているので、IT企業への就職・転職を目指すならプログラミングスクールの受講は必須ともいえる情勢です。

プログラミングスクールで就職・転職はできないって本当?

結論から言うと、プログラミングスクールでプログラミングを学ぶことによってIT企業へ就職・転職の確率は飛躍的に跳ね上ります

理由は、IT業界が拡大の一途を辿っており、プログラマーの需要も増える一方であるためです。

プログラミングに必要な言語も変化していくため、新たな知識を学べるプログラミングスクールは、就職・転職活動するのにうってつけの場ともいえるのです。

プログラミングスクールが就職・転職に有利な理由とは?

面接緊張男

先ほどプログラミングスクールに通うことで就職・転職が非常に有利になると紹介しました。

ここではもっと詳しく、プログラミングスクールに通うことで就職・転職が有利になる理由を解説していきます。

プログラミングスクールに通うメリットは、

  1. 周囲のレベルが低い
  2. 企業の採用基準が低い
  3. 未経験者以上の実力が有利

の3つにあります。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

周囲のレベルが低い

まず、一番に挙げられる理由は、周囲のレベルが低いことです。

転職活動するにあたって多く利用されるのが転職サイトでは、既に実績や経験を持つエンジニアも多く利用しているのでライバルのレベルが高くなってしまいます。

一方でプログラミングスクールを利用する人の多くはプログラミング初心者が多いため、一般的な転職サイトよりも就職・転職の成功率が上がります。

企業の採用基準が低い

続いてあげられる理由として、企業の採用レベルが低いことにあります。

元々プログラミングスクールで紹介される企業とは、未経験者を採用する予定でプログラミングスクールと契約している会社ばかりです。

逆に一般的な転職サイトで応募すると、企業は経験者を優遇するため書類選考の時点で落とされる確率が高くなります。

企業と提携しているだけあって、プログラミングスクール経由で応募すると、採用のハードルが低いのは火を見るより明らかです。

プログラミングスクールと企業のパイプを利用するために、高い受講料を払うといってもいいでしょう。

未経験者以上の実力が有利

先ほど紹介したとおり、プログラミングスクールと契約している企業のほとんどは未経験者を雇い入れる前提で応募者を見ています。

言い換えれば、完全な未経験者であっても採用される可能性があるということです。

ですが、プログラミングスクールで基礎を学んでいる人材は完全な未経験よりも実力があると判断されます。

プログラミングスクールを経由することで、より就職率が高くなるということですね。

就職・転職支援とは?保証との違いは?

WorkingLady

ここまで、プログラミングスクールで就職・転職活動するメリットを紹介しました。

さらに、プログラミングスクールを利用することで得られる利点には

  • 転職支援
  • 転職保証

というものがあります。

プログラミングスクールを紹介する前に、これらふたつの特徴と違いを紹介しておきましょう。

転職支援とは

転職支援とは、キャリアアドバイザーが転職の相談に乗ってくれるサービスです。

相談の他にも、

  1. 企業の求人案件に対して紹介
  2. 企業へのエントリー
  3. 選考
  4. 内定

これら4つの過程で、企業との仲介を徹底的にサポートしてくれます。

転職保証とは

転職保証サービスを提供しているプログラミングスクールはさほど多くありません。

そもそも転職保証とは、もしも「転職支援」を受けても転職先が決まらなかった場合に、プログラミングスクールに支払った費用が全額返金されるサービスのことです。

最低限「転職支援」と「転職保証」のあるプログラミングスクールを選ぶようにすると安心ですね。

就職・転職支援のあるおすすめプログラミングスクール5選

「転職支援」「転職保証」について分かったところで、就職・転職支援のあるプログラミングスクールを5つ紹介しましょう。

今、人気のプログラミングスクールは

  1. DMMWEBCAMP
  2. TechAcademy
  3. CodeCamp
  4. GEEKJOB
  5. TECHCAMP

の5つです。

それぞれのプログラミングスクールの特徴や、受講形態、学べる言語など詳しく紹介していきます。

DMM WEBCAMP

出典:https://web-camp.io/

言語 Ruby、HTML、CSSなど
コース内容 短期集中コース
専門技術コース
受講期間 3ヶ月/4ヶ月
受講費用 短期集中コース:690,800円(税込)
専門技術講座:910,800円(税込)(国の補助金で最大350,800円で受講可能)
受講スタイル オンライン/通学(東京・大阪)
転職支援 20代まで転職保証あり

まず、一番人気の「DMM WEB CAMP」です。

「DMM WEB CAMP」の特徴は、

  • 20代の転職に強い
  • 転職保障が手厚い
  • 99%の就職率
  • 転職から逆算された実用性のあるカリキュラム

これら4つのポイントにあります。

就職支援の適用要項からDMM WEBCAMPの受講者の大半は20代で、未経験からエンジニア転職を成功させている人がほとんどです。

キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれる上に、転職できなければ全額返金保証もあります。

DMMグループならではのネットワークを生かし「非常に優れた優良企業」への紹介ができるのも最大のメリットと言えるでしょう。

また、エンジニア転職に必要な技術から逆算したカリキュラムで、効率的にプログラミングが学べるスクールでもあります。

DMM WEBCAMPの公式サイトはこちら>>

Tech Academy

出展:https://edtechzine.jp/article/detail/4090

言語 Ruby、Java、PHPなど
コース内容 20種類以上
受講期間 最短4週間から
受講費用 4週間で163,900円(税込)
受講スタイル オンライン
転職支援 希望者には無料で転職支援あり

続いて人気なのが「Tech Academy」です。

Tech Academy」の特徴は、

  • オリジナルサービスの開発経験を積める
  • 無料の転職サポート
  • オンラインで低価格

これら3つとなっています。

「Tech Academy」のカリキュラムでは、受講者が作りたいアプリを提案し、現役エンジニアのサポートのもと作成していくスタイルとなっています。

このカリキュラムで、オリジナルアプリの作成を強みにできる点は最大のメリットとなるでしょう。

受講後に希望すれば無料の転職サポートもあるので、安心して転職できます。

受講スタイルはオンラインのみで、無駄な経費を抑えることにより、他のプログラミングスクールよりも低価格を実現しています。

あわせて読みたい
テックアカデミーの評判は?コースや料金などもまとめて紹介!
テックアカデミーの評判は?コースや料金などもまとめて紹介!出典: https://techacademy.jpテックアカデミー(Tech Academy)は、大手のオンライン完結型プログラミングスクールです。20種類以上の幅広い学習コースが用意されており...

Tech Academyの公式サイトはこちら>>

Code Camp

出展:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000331.000004374.html

言語 HTML/CSS、JavaScript、PHP/MySQLなど
期間 4ヵ月
価格 入会金30,000円、4ヵ月492,800円(税込)
受講スタイル オンライン
備考 無料受講相談で1万円の割引

続いてCode Campの特徴は、

  • 基礎から実践までじっくり学べる
  • 就職後のケアが充実している
  • 無料受講相談で1万円の割引サービス

これら3つにあります。

Code Campでは、基礎学習に2ヶ月、実践学習に2ヶ月と長期にわたって学習していくカリキュラムを用意しています。

最初の2ヶ月間は、一般的なPHPを使ったECサイトの作成を行います。

後半の2ヶ月は、共同開発など現場に行った際に役立つカリキュラムを実践的に学べます。

また、GitやVagrantといった環境ツールの扱い方も学べるので、就職後も困る事はありません。

オンラインのみのスクールですかマンツーマンでレッスンしてくれます。

マンツーマンのレッスンのみならず、就職先の見極め方や応募書類の添削、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、自身を持って転職活動できるでしょう。

転職をサポートするサービスですが、自分の強みを可視化するLAPRASの導入や、引っ越しのフォローまでしてくれるといいます。

受講を決める前に受講相談することで、受講開始後の料金から1万円の割引サービスも実施されているので、受講を決めていなくても相談してみるのもいいかもしれません。

あわせて読みたい
CodeCampの評判は?気になる評判を徹底解説【2021更新】
CodeCampの評判は?気になる評判を徹底解説【2021更新】本気でプログラミングを学びたいと思っている人の中には、Code Camp(コードキャンプ)の受講について検討している人もいるのではないでしょうか?Code Campは、質の高...

CodeCampの公式サイトはこちら>>

GEEK JOB

スピード転職コース プレミアム転職コース
言語 インフラ技術メイン プログラミング技術メイン(Java、Ruby)
期間 1ヶ月〜3ヶ月 3ヶ月
価格 無料 437,800円(税込)
受講スタイル オンラインまたは通学(東京) オンライン
備考 受講にあたり選考あり 選考なし

4番目に人気なのが「GEEK JOB」です。

「GEEK JOB」の特徴は、

  • 無料で就職可能
  • スピード重視
  • 就職先を中小企業いベンチャーなどのSESがメイン

の3つにあります。

「GEEK JOB」には、「スピード転職コース」と「プレミアムコース」の2種類が用意されています。

「スピード転職コース」は、無料で受講しエンジニア転職まで可能です。

名前にある通り、とにかくスピード重視の就職を目標に、転職に必要な最低限のスキルを学びつつ就職を目指すことにあります。

自主学習面でわからないことを講師に質問する講義スタイルをとっており、学習しながら企業選考を同時進行で行います。

「GEEK JOB」卒業後の就職先は中小企業やベンチャーがメインで、SESがほとんどです。

とにかく料金を抑えてスピード重視という方におすすめのプログラミングスクールといえるでしょう。

あわせて読みたい
GEEKJOBの評判とは?気になる口コミから徹底解説!
GEEKJOBの評判とは?気になる口コミから徹底解説!あなたはGEEK JOBを知っていますか?未経験からエンジニア転職を目指す人の中には、プログラミングスクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」についてご存じの人も多いかと...

TECH CAMP

言語 Java ScriptHTML/CSS、Ruby、SOL
期間 3ヶ月
価格 入会費:217,800円(税込)/3ヶ月261,360円(税込)
受講スタイル オンライン/通学(東京・愛知・大阪)
備考 紹介割/ともだち割制度あり

最後に紹介するのがTECH CAMPです。

TECH CAMPの特徴は、

・30代でもデイサービスを利用可能

・有名企業への就職実績あり

・海外への留学も可能

の3つにあります。

実は、プログラミングスクールで実施されているサービスのほとんどは年齢制限が設けられていることがあります。

その点TECH CAMPでは、そういった年齢制限を設けず、幅広い年齢層を入れています

カリキュラムは自主学習で、講師に疑問点を質問するスタイルなので、自主学習が苦手な人にお勧めできません。

しかし、有名企業への就職実績もあり、海外への就職・転職実績もある優良プログラミングスクールであることに変わりありません。

海外への就職・転職を目指した海外へのインターンシップを実施しているので、海外のIT企業に就職するならばTECH CAMP一択と言っても過言ではありません。

あわせて読みたい
テックキャンプ(TECHCAMP)の評判は最悪?【口コミから評判を徹底解析】
テックキャンプ(TECHCAMP)の評判は最悪?【口コミから評判を徹底解析】ITの発展と共に、プログラミングスクールの受講者が年々増加しているようです。数あるスクールの中でも、「TechCamp」は、人生を成功に導く方法を伝授するマコなり社長...

テックキャンプの公式サイトはこちら>>

プログラミングスクール卒業後はどうすればいい?

コーディング

ここまで、就職支援や保証のあるおすすめのプログラミングスクールを紹介しました。

しかし、プログラミングスクールの目的はスクール卒業後の就職ないし転職です。

プログラミングスクールに通って無事、課程を終了した後は、

  • 自力で就職・転職活動
  • プログラミングスクールの就職支援を利用して就職・転職

の2つの手段で就職か転職をすることになります。

どちらにどのような利点があるのか詳しく紹介していきましょう。

自力で就職・転職活動する

まず、自力で就職・転職活動する場合のメリットは、

  • プログラミングスクールが提携している企業以外への就職・転職が可能
  • 自力で就職転職する事で自信が持てる

の2つに限られます。

プログラミングスクールで学習してプログラミングの基礎を学んだとしても、冒頭で紹介した通り実績のあるエンジニアと比較すると見劣りしてしまいます。

希望する企業に採用される確率はかなり低いと言わざるを得ません。

ただ、自力で就職・転職できたという実績はかなりの自信につながるはずです。

プログラミングスクールの就職支援を使う

続いて、プログラミングスクール就職支援を利用して就職活動する場合のメリットは、

  • 履歴書の用意やエントリーの手間が省ける
  • 選考に通過しやすい
  • 就職・転職に成功すると受講料が返金されることもある

これら3つが挙げられます。

こちらも冒頭で紹介した通り、プログラミングスクール自体が企業と提携していることがこれらのメリットにつながっています。

一方で、「プログラミングスクールが契約している企業への就職率が高いだけ」と考えられるのも事実です。

ただ、特定の企業に就職したいという目標がない場合には、メリットだらけです。

プログラミングスクールを利用するなら「就職支援」もしっかり活用して就職・転職すると良いでしょう。

プログラミングスクール卒業後の就職・転職先は?

働く男性

プログラミングスクール卒業後の就職・転職活動について紹介しました。

プログラミングスクール卒業後の就職先には、

  1. 自社開発企業
  2. 受託企業
  3. SES企業

の3種類が挙げられます。

プログラミングスクール卒業後の就職・転職先についてそれぞれ詳しく紹介していきましょう。

自社開発企業

まず、最も人気があるのが「自社開発企業」です。

その名の通り、企業独自のアプリやソフトを開発している企業なので、仕事が枯渇することはまずありませんし、昇格の可能性もあり、やりがいもあるのが特徴です。

ただ、プログラミングスクールを経由しても、就職率はかなり低く最もハードルの高い企業です。

プログラミングスクールによっては、「自社開発企業」への紹介ができない場合もあります。

「自社開発企業」への就職を目標にするなら、プログラミングスクールをしっかり選ぶ必要があります。

受託企業

続いて「受託企業」について紹介しましょう。

受託企業とは、先ほど紹介した「自社開発企業」からの依頼を受けてアプリやソフトを開発する企業形態のことです。

「受託企業」は、自社開発企業よりも就職のハードルが低く、プログラミングの実績もしっかり積めるのでおすすめです。

ある程度実績を積んで、フリーランスへ転職するというのが一般的な流れとなっているようです。

SES企業

先ほど紹介した「受託企業」と似ているのが「SES企業」です。

「SES企業」とは、プログラマーを他社に派遣し労働力を提供する会社です。

他社に常駐し他社のサービス開発に従事するため、様々なアプリやソフトの開発に携われるメリットがあります。

「SES企業」も受託企業と同じく、1~2年実績を積んでフリーランスとして独立するのが通説となっています。

就職・転職を成功させるプログラミングスクールの選び方と過ごし方

ここまで、プログラミングスクールに関する情報を紹介してきました。

最後に、プログラミングスクールの特性を活かして成功するためのスクールの選び方と、過ごし方や心構えなどを紹介しておきましょう。

通いやすいプログラミングスクールを選ぶ

まず最も大事なのが、通いやすいプログラミングスクールを選ぶことです。

何事においても挫折するということは、それまでの努力や経験を無駄にすることに他なりません。

挫折する原因の多くに、

  • 難しい・詰まった
  • 通える距離にスクールがない
  • 受講時間がライフスタイルに合わない

といった理由があげられます。

ほとんどの理由に、通いづらさや、受講時間までに帰宅できないというものがあげられています。

そういった失敗をしないためにも必ず、自分のライフスタイルに合った受講スタイルを実施しているプログラミングスクールを選びましょう。

企業でよく使われている言語が習得できるか?

プログラミングスクールを選ぶ上で最も重要なのが、習得可能な言語です。

現在、企業でよく使われている言語は、

  • JavaScript
  • HTML/CSS
  • SQL
  • Python
  • Java

となっています。

また、導入・移行を検討している言語については、

  • Go
  • Kotlin
  • Python
  • Type Script
  • Rust

と言われています。

ほとんどの企業でJava ScriptまたはJavaを採用しているので、Javaを基本にHTML/CSSが学べるプログラミングスクールがおすすめです。

事前にプログラミング言語に触れておく

プログラミングスクールに通い始めると、自然にプログラミング言語に触れることになります。

しかし、それに甘えて何もしないでいるよりは、少しでも自発的にプログラム言語に触れておくことをおすすめします。

プログラミング言語に事前に触れることで、自分がどれほどプログラミングに興味が持てるかチェックできます。

逆に言えば、プログラム言語を見てもあまり気乗りしない人は、プログラミングに向いていないとも考えられます。

プログラミング言語に興味が全く持てない方は、プログラミングスクールにお金を払ってまで通う必要はないでしょう。

スクール卒業後の目的を明確にする

プログラミングスクールに通う上で重要なのが卒業後の目標です。

多くの人は就職や転職の目的で受講する人がほとんどですが、中にはスキルアップなどの目的で学習する人も少なくありません。

ただ、スキルアップするだけの目的にお金を投資するかは人それぞれですが、明確な目標もなく受講してもやる気を維持できなくなってしまう場合もあります。

ポテンシャルを維持する面でも、就職先等の目的を明確にしておく必要があるでしょう。

サービスの適用条件をチェックしておく

最後に気を付けるべきポイントは、プログラミングスクールの最大の利点である各種サービスの適用条件をチェックしておくことです。

サービスの多くに年齢制限や転職意思の有無によってサービスが受けられる条件を制限しているスクールもあります。

転職を目指す場合は必ず各種サービスの恩恵が受けられるのか事前にチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで、プログラミングスクールを利用した就職・転職に活動に関する支援・保証や在学中の過ごし方などを紹介してきました。

ここで紹介したプログラミングスクールについて簡単にまとめると

  1. 有名な企業に就職を希望するなら「DMMWEBCAMP」
  2. 低価格で就職・転職を目指すなら「TechAcademy」
  3. しっかりプログラミングを学びたいのであれば「CodeCamp」
  4. てっとり早く無料で就職・転職を目指すなら「GEEKJOB」
  5. 海外企業への就職を考えるなら「TECHCAMP」

です。

サービスの適用条件などの縛りもありますが、自分の目標に合うプログラミングスクールを利用して、安定職種とも名高いIT企業への就職・転職を成功させましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる