【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

エンエージェントの口コミ・評判が酷い?【実際に登録して徹底検証】

出展:https://enagent.com/first-time/

数あるエージェントの中に「エンエージェント」があります。

エンエージェントは、20年以上にわたり人材紹介に携わってきた実績と、顧客満足度でオリコン1位を受賞したこともあるエージェントです。

ですか、実際に利用してみた人の意見も気になりませんか?

今回は、転職に向けてエージェントを決めあぐねている人のために、エンエージェントの評判をまとめてみました。

エンエージェントかどのような転職エージェントなのか、この記事を参考に見極めてみてください。

あわせて読みたい
転職エージェントおすすめ人気ランキング2021年7月最新【徹底比較レビュー】 今すぐおすすめを知りたい方はおすすめTOP5をチェック!転職エージェントおすすめランキングTOP51位:doda業界最大数の求人数を誇るエージェント専門のスタッフが一人一...
目次

エンエージェントとは?

出展:https://enagent.com/first-time/

エンエージェントとは、エン・ジャパン株式会社が運営する転職エージェントです。

代表的なサービスとして知られる「エン転職」や派遣の仕事探しに便利な「エン派遣」、正規社員志望女性向けの「ウィメンズワーク」なども経営しています。

近年では、オーストラリアやベトナムといった海外に子会社を持つ企業となりつつあるようです。

エンエージェントには、以下の得意分野を持つキャリアパートナーがいます。

  • 文系→営業・マーケティング系・経営・経営企画・事業企画系・不動産系専門職
  • 理系→金融・クリエイティブ・IT・Web・通信系
  • 技術職→機械・メカトロニック・自動車

また、「3EPテスト」による性格診断や使い勝手のいいアプリを活動に取り入れられる転職エージェントとなっています。

エンエージェントの良い評判とメリット

エンエージェントについて分かったところで、早速エンエージェントに寄せられた口コミから、エンエージェントの評判を解析していきましょう。

まずは、エンエージェントの良い口コミからエンエージェントの評判を分析していきます。

初心者には親切

辞めたいという気持ちが先行し、何がしたいかも決まっていない状態からのスタートだったにもかかわらず、親身に相談に乗ってくれました。信頼関係が築けたことにより、転職活動のモチベーションを維持できて、満足のいく転職ができました。

今後について不安を持っていたところ、同じ女性という目線からエージェントの体験談を含めてお話ししていただき、今回の転職で何を求めるかということを重視して企業を紹介してくれました。

エンエージェント自体は、2013年に開始した後発サービスのため、まだ知名度が低く登録者数も少ない現状にあります。

そのため、他の転職エージェントに比べてアドバイザひとりに対する登録者の数が少なく、転職希望者ひとりひとりに丁寧な対応ができるようです。

数年後には分かりませんが、今転職を目指すならおすすめのエージェントといえるでしょう。

面談前に性格診断がある

一番良かったと感じたのは、自分の性格を踏まえた上でアドバイスしてくれた点です。面談の前に性格テストみたいなものを受け、それを元に転職先を紹介してくれるから的確なのかもしれません。

自分の性格や価値観に基づいて、新しい分野へのチャレンジをすすめてくれました。おかげで、自分の新しい可能性に気づき、思い切った転職ができました。

エンエージェントには、面談の前に「3E-pテスト」による性格診断テスト(適性試験)が用意されています。

この結果をもとにコンサルタントがアドバイスしてくれるため、コンサルタントの質に依存せず最良の転職先が見つかるようです。

中小企業の転職に強い

自分のスキルに合わせて中小企業に就職したかったというのもあり登録してみました。様々なサービスのおかげで、最良の会社選びができたと思います。

エンエージェントが取り扱う求人の多くは、中小企業がメインです。

一見するとデメリットに見えますが、キャリアアップや所得向上などを目標に掲げるエージェントも多い中、中小企業に就職したい人にはメリットともいえます。

エンエージェントの悪い評判とデメリット

ここまで、エンエージェントに寄せられた良い口コミから、エンエージェントの良い評判を解析しました。

続いて、エンエージェントに寄せられた悪い口コミから、エンエージェントの悪い評判を分析してみましょう。

求人の数・大手求人共に少ない

同時に利用した大手転職エージェントに比べて、中小企業の求人が多いと感じました。中小企業が多いので、あまり良い条件の求人はなかったと思います。

大手サービスにはない中小の優良企業といった掘り出し物が多く、とてもいいと感じました。ただ、大手の求人は他社より魅力的なものはありません。

エンエージェントが手掛ける求人の多くは中小企業の求人です。

中小企業との連携が強いことから、大手企業にはない魅力を持った企業を扱っている場合もあり、予想よりも質の良い転職ができることもあるようです。

ただ、大手企業に転職したい人には、あまりおすすめできないエージェントであることに間違いありません。

アドバイザーの質に差がある

今の会社が嫌で軽い気持ちで面談に行きました。すると「あなたの考えで転職はとても難しい」「一人で老後を過ごすかもしれないという可能性を考えないと」などいわれました。事実でも嫌な話を聞かされて、最悪な気分です。

「相手は引く手あまたですよ。今週中に案件送りますね」といわれて以降、一向に送られてきませんでした。ないのであれば最初からないといって欲しかったです。

エンエージェントは、丁寧な対応が望めるエージェントと良い評判で紹介しました。

しかし、中には親切な対応しているといい難いアドバイザーも在籍しているようです。

もし、質の悪いアドバイザーに当たった場合は、交代してもらいましょう。

キャリア性や専門性に欠ける

初めて利用する転職エージェントでした。私の職種はやや特殊で、転職もその職種で進めたかったのでアドバイザーに伝えたところ、「希望の職種で紹介できる求人はありません」と返信が来ました。申し込みフォームだけで断られたのがやや不服です。

エンエージェントは、中小企業の転職に有利なエージェントであるため、キャリアアップが望めるようなエージェントではありません。

また、専門的なアドバイスができるキャリアアドバイザーも不足しているようです。

専門職の転職を目指す場合はあまりおすすめできないエージェントとなるでしょう。

エンエージェントの利用がおすすめの人とは?

ここまで紹介したエンエージェントの良い評判や悪い評判から導き出される、エンエージェントを利用した転職がおすすめな人とは、

  • 何がしたいか決めていない人
  • 中小企業に転職したい人
  • 一般的な職種に就職したい人

となりました。

エンエージェントでは、

  • キャリアアップ
  • 大企業への転職
  • 専門職への転職

これらのポイントは望めないといわざるを得ません。

それらを覚悟できるようであれば、エンエージェント利用しても差し障りはないでしょう。

エンエージェント利用の流れ

出展:https://corp.en-japan.com/services/desc_enAgent.html

ここまでエンエージェントの評判についてまとめてきました。

ここで、エンエージェント利用にあたっての全体的な流れを紹介しましょう。

会員登録

まず、登録のやり方について紹介します。

エンエージェントに登録するには、公式サイトにアクセスし必要な情報を入力する必要があります。

詳しい手順は以下の通りです。

  1. トップページの『転職支援サービスに申し込む』ボタンをクリック
  2. 氏名・ふりがな・生年月日・性別・メールアドレス・連絡先・現住所・最終学歴を入力
  3. 直近の職歴・直近の年収・転職回数・直近の就業状況を入力

ここまでの手順でエンエージェントの登録が完了します。

登録が完了すれば、1~3営業日以内にアドバイザーから電話かメールが届きます。

・面談・適正診断

登録後の電話かメールで面談の日程を決めたら、面談拠点に行き面談を始めます。

エンエージェントの拠点は、

  1. 東京
  2. 名古屋
  3. 大阪
  4. 福岡

の4箇所に置かれています。

実際に足を運べない場合は、リモートで面談を受けられるのでアドバイザーに相談してみましょう。

エンエージェントの面談は他のエージェントと違い、60~90分もの所要時間がかかります。

理由は評判でも紹介したとおり、3E-pテストによる性格診断が行われるためです。

性格を診断してもらうことで、転職者の予想を上回る良い職場を紹介してもらえることも多くあるようです。

・求人紹介~応募

面談であなたの希望を聞き取り、性格診断が終われば求人紹介に進みます。

希望求人の他にも、あなたの性格から読み取れたおすすめの求人や強みを元にした求人が提案される場合もあります。

紹介された求人には、面談当日に応募することも可能です。

応募の際には、キャリアアドバイザーが書類添削し、企業にあなたを紹介する推薦文を書いてくれるので、推薦文を一度チェックしておきましょう。

・面接対策~面接

キャリアアドバイザーが送付した書類で、無事に選考を通過すればいよいよ面接です。

面接の日程調整や面接対策はキャリアアドバイザーが行なってくれるので、面接当日まで面接に集中していられますね。

希望した企業ごとにあなたの強みを的確に表現する方法をアドバイスしてくれるので、アドバイザーの意見にはしっかり耳を傾けましょう。

面接当日までしっかり備えて、本番ではしっかり自分を表現しましょう。

・内定~入社

無事面接が終わり、内定となれば入社に向けての準備が始まります。

入社手続きは前職の退社手続きなど、心配事は何でもキャリアアドバイザーに相談しましょう。

これまでのアドバイザーとしての経験から、正しいアドバイスをもらえるはずです。

さらに入社後は、

  1. 2週間
  2. 一か月
  3. 2ヶ月
  4. 6ヶ月
  5. 1年
  6. 一年半
  7. 2年
  8. 2年半
  9. 3年

のタイミングでキャリアアドバイザーから定期連絡が入るので、困っていることや不安に思っていることがあれば相談してみましょう。

エンエージェントを上手に利用するには?

ここまで、エンエージェントの評判からエンエージェントの利用がおすすめの人、エンエージェント利用の全体的な流れを紹介しました。

ここで、転職を無事成功させるためにエンエージェントを上手に利用するコツを紹介しておきます。

転職に関する悩みは遠慮せずに相談する

エンエージェントのキャリアパートナーは、転職活動のサポートするにあたって、転職に関する悩みも一緒に解決してくれます。

例えば、

  • 転職活動の進め方
  • 転職活動の準備
  • あなたのアピールポイント
  • あなたにマッチする企業選びの基準
  • あなたの実力
  • 市場価値
  • 異業種への転職

といった悩みにも丁寧に答えてくれます。

“初歩的な悩み”と恥ずかしがらずに相談してみましょう。

経歴やスキルは間違いのないように伝える

これはとても重要なことですが、どんなに前職の退職理由が後ろ暗いものであっても、嘘をつくのはやめましょう。

また、良い職場に転職したいからと経歴を偽るのは当然NGです。

経歴を詐称して就職しても就職そのものが取り消しになることもあります。

当然、担当キャリアパートナーの信用も地に落ちてしまい、二度と転職先を紹介してもらえなくなるかもしれません。

経歴やスキルは間違いのないように伝えましょう。

他のエージェントも利用する

エンエージェントは、評判にもある通り中小企業への就職に有利なエージェントです。

面談の際に行ってくれる性格診断は、あなたにとって思いもよらない企業と出会えるまたとないチャンスを見出してくれるものでしょう。

しかし、いくら性格診断で予想だにしない企業に紹介してもらえるとしても、

  • 中小企業で終わりたくない人
  • キャリアアップを目指したい人

には不利なエージェントであるといわざるを得ません。

自分の可能性を広げるためにも、他のエージェントを利用することをおすすめします

エンエージェントの総評!その他エージェントと比較すると?

エンエージェントを上手に利用するにあたって、他のエージェントを利用すると紹介しました。

しかし、どのエージェントを利用すればいいかわからないということのために、エンエージェントの総評と共に、その他エージェントについて紹介しましょう。

エンエージェントの総評

エンエージェント

サポート力
★★★☆☆
求人の質・量
★★★☆☆
提案力
★★★☆☆
総合評価
★★★☆☆

今回紹介しているエンエージェントの総評は3点となりました。

他のエージェントと比べて登録者数が少なく一人に対するサポートが強いとはいえ、キャリアアドバイザーの質に差があることを考慮すると、サポート力が高いともいい切れません。

さらに、中小企業への転職率が高いというのは利点にも難点にもなってしまいます。

抱えている求人数が少ないことから、提案される案件数も少なく、低迷気味といえます。

よって、以下に紹介する大手エージェントを試してみても、うまく転職できなかった場合に利用するのがおすすめといったところでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

サポート力
★★★★★
求人の質・量
★★★☆☆
提案力
★★★★★
総合評価
★★★★☆

リクルートは、転職しようとした人であれば一度は登録したことがあるのではないでしょうか?

リクルートエージェントの最大の強みといえば、サポート満足度が高いことが挙げられます。

手持ちの求人数も他社に比べて最も多く、キャリアアップや大企業への就職も叶うエージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

サポート力
★★★★★
求人の質・量
★★★★☆
提案力
★★★★★
総合評価
★★★★☆

リクルートに続いて有名なマイナビエージェントは、丁寧なサポートが評判のエージェントです。

全国に拠点を展開しており、リクルート・dodaの2社には劣るものの豊富な求人の中からあなたに合う就職先を根気強く探してくれるでしょう。

doda

DODAエージェント

サポート力
★★★☆☆
求人の質・量
★★★★☆
提案力
★★★★★
総合評価
★★★☆☆

dodaは、リクルートに次ぐ求人案件の多さが強みのエージェントです。

全国に拠点を置いているため、首都圏のみならず地方での転職や高齢での転職例もあります。

他のエージェントで断られるようなケースであっても、dodaなら紹介してもらえるともいわれています。

ワークポート

ワークポート

出展:https://mid-tenshoku.com/agency/a-393/consultant-list/

サポート力
★★★★☆
求人の質・量
★★★☆☆
提案力
★★☆☆☆
総合評価
★★★☆☆

ワークポートは、設立から13年になる総合型転職エージェントです。

キャリアコンシェルジュの対応が非常に丁寧と評判で、手厚いサポートを置くために、東京・大阪・福岡に拠点を置いて、対面でのサポートを重視しています。

その他専門特化のエージェント一覧

総合型のエージェントで転職ができなかった人におすすめなのが、専門特化のエージェントです。

専門特化のエージェントとその分野は以下の通りです。

エージェント名
専門職種
レバテックキャリア
IT・Webエンジニア
CAREERCARVER
外資・管理職エグゼクティブ
ビズリーチ 海外
クリーデンス
アパレル
看護roo 看護師
薬キャリ 薬剤師
きらケア 介護
保育ひろば 保育士

あなたの転職したい職種があれば、こちらの専門特化エージェントにも登録してみましょう。

エンエージェントに関するQ&A

最後に、エンエージェントによく寄せられる質問と、その回答を紹介しておきます。

エンエージェントは40代以上でも利用できますか?

エンエージェントは、主に20代の転職に強いエージェントです。

40代ともなると、管理職も視野に入れた転職が理想となってくる年代です。

エンエージェントを利用する強みがあまりないのでもし利用するなら、同じく「エン・ジャパン株式会社」が経経営している「enミドルの転職」の利用をおすすめします。

エンエージェントと「エン転職」の違いは?

エンエージェントは「転職エージェント」、エン転職は「転職サイト」に分類されます。

転職サイトでは、求人情報をチェックできますが転職サポートは受けられません。

エンエージェントの退会方法を知りたい

エンエージェントを退会するには、以下の方法があります。

  • 担当者に直接伝える
  • お問い合わせフォームを利用する
  • 利用中のオフィスに電話する

なお、利用中のフェスの連絡先は以下の通りです。

拠点 電話番号
東京 0120-953-607
名古屋 0120-953-607
大阪 0120-953-607
福岡 092-686-1250

まとめ

出展:https://enagent.com/first-time/

今回は、数ある転職エージェントの中でもエンエージェントについて紹介してきました。

エンエージェントを使用した転職についてまとめると、エンエージェントの利用が望ましい人は

  • 初めて転職で不安な人
  • 中小企業に就職したい人
  • 一般企業に入社したい人

となりました。

どんな転職エージェントでもいえることですが、エンエージェントを利用するに当たって注意したいことは

  • 不安や悩みを隠さない
  • 経歴やスキルを正確に伝える
  • 他の転職エージェントも利用する

の3点です。

エンエージェントのみを利用して転職しても構いませんが、より可能性を広げるのであれば他のエージェントを利用しつつ、転職を成功させましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる