【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

ランスタッドの口コミ・評判悪い?【実際に登録して実態を徹底検証】

外資系企業への転職を考えている人の中には、「ランスタッド」という転職サイトを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ランスタッドは、現在世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持つ総合人材サービス会社で、日本ではアデコグループ、マンパワーグループと並ぶ、人材サービス業界を牽引する企業のひとつです。

出典:https://www.randstad.co.jp/

  • ランスタッドの評判ってどうなの?
  • ランスタッドってどんな特徴があるの?
  • どんな企業に転職できるの?

ランスタッドに対して上記のような疑問を持っている人のために、この記事ではランスタッドについての基本情報や特徴、サービスの評判・口コミについて詳しく解説していきます。

ランスタッドの公式サイトはこちら>>

あわせて読みたい
転職エージェントおすすめ人気ランキング2021年6月最新【徹底比較レビュー】
転職エージェントおすすめ人気ランキング2021年6月最新【徹底比較レビュー】今すぐおすすめを知りたい方はおすすめTOP5をチェック!転職エージェントおすすめランキングTOP51位:doda業界最大数の求人数を誇るエージェント専門のスタッフが一人一...
目次

ランスタッドの基本情報

ランスタッドは1960年にオランダで創業した世界最大級の総合人材サービス会社です。

日本には1999年に進出し、全国93拠点事業を展開しています。

出典:https://www.randstad.co.jp/about/branch/

日本で展開しているサービスとしては主に3つ、

  1. 正社員向け転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. 人材派遣サービス

    それぞれのサービスと評判について詳しく説明していきます。

    『転職サイト』としてのランスタッド

    ランスタッドには、現在公開求人だけで約8000件の掲載があります。

    その中でも、「外資系企業」で絞り込むと、約1000件の求人がヒットしました。

    同様の検索を他転職サイトで行うと、マイナビ転職では約200件、リクナビネクストでは約500件であることから見ても、ランスタッドが外資系企業に強いことがわかります。

    出典:https://paraft.jp/r000016000590

    また、ランスタッドは約80%が非公開求人となっているため、実際の外資系企業の掲載数はもっと多くなると思われます。

    口コミなどを確認してみても、外資系企業を希望する人や、ハイキャリアの求人を探している人からのコメントが目立ち、そうした人たちに多く利用されているサイトであることがわかります。

    求人数が充実しているという点も含めて、ランスタッドは外資系企業を希望する人におすすめの転職サイトと言えます。

    『転職エージェント』としてのランスタッド

    ランスタッドでは転職エージェントサービスも利用することができます。

    転職サイトは、自分で求人情報にアクセスし、スピード感を持って転職活動ができるところがメリットですが、転職エージェントは、アドバイザーから転職に関するノウハウを聞いたり、キャリアに関する相談を無料で受けられることが大きなメリットです。

    出典:https://job-worker.com/2017/11/10/3666

    特に初めて外資系企業に転職する人は、専門家からのアドバイスが転職活動や今後のキャリアに活きることは間違いありません。

    ランスタッドの転職サイトを利用する際は、転職エージェントも併用することをおすすめします。

    ただ、ネット上での評判をみてみると、「担当者と合わなかった」という意見と、「親身になってくれてとても良かった」という意見の両方があり、担当アドバイザーについての評価にはバラつきがあるようです。

    もし担当になったアドバイザーが「自分には合わない」と感じたときは、別の人間に変更してもらうことが可能です。

    担当の変更は特別なことではありませんので、電話やメールでその旨を素直に伝えましょう。

    『人材派遣サービス』としてのランスタッド

    ランスタッドでは正社員転職の他に人材派遣サービスも行っています。

    出典:https://www.randstad.co.jp/office/shutoken/

    外資系の派遣会社のため、外資系企業への派遣案件も多く扱っている点が他のサービスとは違う大きな特徴と言えます。

    ネット上の口コミや評判を見てみても、英語力を活かしたい人、グローバル企業・外資系企業で働いてみたい人に喜ばれている派遣サービスのようです。

    ランスタッドで外資系企業への転職ができるの?外資系企業の特徴とは?

    「外資系の求人案件に強い」と評判のランスタッドですが、『外資系への転職』と聞くと…

    • 外資系企業への転職は難しいって聞くけどなぜ?
    • 日系企業と外資系企業は何が違うの?
    • 外資系企業のメリット・デメリットとは?

    このような悩みや疑問をお持ちの人もいるのではないかと思います。

    ここでは外資系企業の特徴や、外資系企業への転職について詳しくまとめてみました。

    外資系企業に転職希望の方は、実際に働くイメージの参考にしてみてください。

    ランスタッドの公式サイトはこちら>>

    そもそも外資系企業とは?

    「外資系」という言葉自体はよく聞くものの、「海外から日本にやってきた会社のこと?」というなんとなくのイメージはあっても正確な意味となると答えられる人は限られてくるのではないでしょうか。

    出典:https://kodamon.com/japan-gaishikei-differences/

    実は外資系企業には3つのパターンがあります。

    1. 海外の企業が日本で会社を設立した
    2. 海外の企業と日本の企業が共同出資で会社を設立した
    3. 日本の企業を海外の企業が買収した

      それぞれ詳しく説明していきます。

      1.海外の企業が日本で会社を設立した

      一つ目は、海外の企業が日本で会社を設立したパターンです。

      一般的に「外資系企業」として広くイメージされるのはこのパターンではないでしょうか。

      元々海外でかなり有名な企業が日本に進出してくることが多いため話題にもなりやすく、誰もが知っている大企業であることが多い印象です。

      2.海外の企業と日本の企業が共同出資で会社を設立した

      二つ目は、海外の企業と日本の企業が共同出資で会社を設立したパターンです。

      この出資の際に、海外企業の方が多く出資している場合に「外資系」と呼ばれることになります。

      しかし明確に「何割以上出資している場合」というような決まりはないようで、人によって認識が分かれることもあるようです。

      3.日本の企業を海外の企業が買収した

      三つ目は、日本の企業を海外の企業が買収したパターンです。

      日本の日系企業も、海外経営の企業に買収された瞬間から外資系企業に変わることになります。

      こちらも買収の際にニュースになることが多く、よく知っている企業が多い印象です。

      日系企業と外資系企業の違いとは?

      それでは、外資系企業にはどのような特徴があるのでしょうか。

      また、日系企業との違いは何でしょうか。

      いくつか例を挙げて説明していきます。

      外資系企業は成果主義

      年功序列や残業など、主に働いた時間によって給与がアップしていく日系企業とは違い、外資系企業は成果主義を基本としています。

      出典:http://cells-sr.com/hatarakikata/index.php/human_resource/4263/

      また、日系企業では役職がついたタイミングで大きく報酬がアップするのが普通ですが、外資系企業では役職がなくても成果を出せば報酬がアップすることが当たり前です。

      成果があげられれば新人でも評価が高くなり、頑張った分だけ評価されるという点に魅力を感じて外資系企業を目指す人も多いのではないでしょうか。

      しかし、重大なミスをしたり、成果をあげられなかった場合は契約を打ち切られることも少なくないのも外資系企業の大きな特徴です。

      外資系企業は、そうした緊張感を常に持ち、高いスキルを発揮して成果を出すことができる人材を求めています。

      外資系企業は給与が高い

      上の段でも述べたように、外資系企業では成果・実力によって評価されます。

      給与体系としては、年俸制にプラスして成果に応じたインセンティブを支払う、という形を多くの外資系企業が採用しています。

      年俸制のため、どのように働くか、何に時間を使うかも個人に任されることになり、残業すればするほど「仕事ができない」とみなされるのも日系企業の働き方と大きく異なる点と言えます。

      そしてその分、平均給与が高いというのも外資系企業で働く大きなメリットと言えるでしょう。

      出典:https://gaishishukatsu.com/archives/35394

      ランスタッドの求人サーチでも年収の上限・下限による検索が可能なため、転職による給与アップを目指す人はサーチのこだわり検索を活用しましょう。

      外資系企業の社内公用言語は英語

      海外の企業との会議や交渉があったり、様々な国籍の人が働く外資系企業では、社内公用言語が英語となっていることが多々あります。

      それは日本にある外資系企業でも同じで、英語を社内公用言語として採用していることが多いため、外資系企業で働くためには当然英語力が求められることになります。

      出典:https://01intern.com/magazine/archives/15501

      しかし、「私の英語力では外資系企業は無理かもしれない…」と、外資系企業で働きたいのに英語力がネックで応募をためらっている人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

      実は外資系企業といっても求められる英語レベルは企業によって違い、また、企業の中でも部署や役割によっても違ってきます。

      海外本社や海外のクライアントと頻繁にやりとりする部署であれば高い英語力が必要となりますが、クライアントが日系企業の場合は、会議で使う言語やメールなど全て日本語を使うことになり、英語を使うシーンがあまりない、というケースもあります。

      また、ランスタッドのネット上の評判では、転職アドバイザーに英語力について相談に乗ってもらって良かった、という感想もありました。

      外資系に興味はあるけど自分の英語力に自信がない人は、まずはエージェントに登録し、英語力や希望条件についてアドバイザーに相談するのが希望の転職を叶える近道と言えます。

      外資系企業への転職は難しい

      外資系企業への転職は、一般的に難易度が高いと言われています。

      それは、上にも述べたように高いスキルや英語力を選考の段階から求められるためです。

      出典:https://career-information.com/3787

      また、入社してからも日系企業のように新人研修などを行い丁寧に育てる環境とは違い、外資系企業では自分の意志で自分のキャリアに必要なものを習得していく必要があります。

      そのため、転職活動の段階から、自分の能力を把握し、しっかりとしたキャリアビジョンを持っておく必要があります。

      ランスタッドの転職サポートについて、「自分のスキルに対して客観的な意見をしっかり伝えてくれたので自分の希望について見つめなおすことができ、満足のいく転職ができた」といった口コミがありました。

      特に未経験から外資系企業を希望している人は、長期的なキャリアを見据えた客観的な意見をもらえるエージェントサービスを利用することをおすすめします。

      ランスタッドの公式サイトはこちら>>

      ランスタッドのネット上の評判は?

      こからはランスタッドを実際に利用して転職した人のネット上での評判・口コミを見ていきましょう。

      良い口コミも悪い口コミも両方紹介していきますので、参考にしてみてください。

      『転職サイト/エージェント』のランスタッドについての評判・口コミ

      ランスタッドはグローバル案件豊富で良いと思います。私も今の外資の会社はランスタッドからお声をかけていただき、入りました(^^
      女性

      もともと面接が苦手でしたが、何回も電話と対面で練習してもらい、なんとか乗り切ることができました。
      履歴書をつかって面接を仕組む方法など、とても勉強になることばかりでした。最後の収入交渉の段階でも尽力してくれて、他のエージェントに比べてだんとつでよかったです。
      金融・30代前半・男性

      良かった点はランスタッドと求人企業の結びつきが強い点です。
      どこのエリアで退職者が出たか、マネージャーはどういう人物像かがはっきりわかっているため、応募の際に不安になることは少ないです。
      悪かった点は担当者の押しが強すぎる点です。
      正直ランスタッドを使用するのをやめようかと思った時があります。
      MR・30代前半・男性

      やはり『外資・グローバル案件に強いのが良かった』と求人案件についての良い評判が目立ちました。

      一方、良くない点としてはアドバイザーが挙げられており、押しが強かった、態度がそっけなかった、というような意見がありました。

      『人材派遣サービス』のランスタッドについての評判・口コミ

      大手派遣会社はほとんど全て登録していますが、ここが一番質が高いと思う。
      営業マンもきちんと話を聞いてくれる人が多い。
      時給はまずまずだが福利厚生が良いのでトータルすると条件も良い。
      (29才・女・派遣社員)

      正直条件の厳しい私に、一番親身になってくださった派遣会社です。
      英語を使う仕事を希望する人には、ちゃんとネイティブのスピーキングのテストがあり、見てくれているな、と感じました。
      登録後も、定期的に仕事の紹介をしてくださって、残念ながらご縁がありませんでしたが、失職したらまたお願いしようと思います。
      (41才・女・会社員)

      コーディネータから聞いた話と営業担当の話が違ったが納得した上で顔合わせに望んだ。
      1週間位で結果が出るという話だったのに、10日過ぎても結果が来ず、いきなり仕事紹介の電話が来た。
      結果はどうなったかと問いただしたら営業担当から連絡がきて、先方の都合で時間がかかると言われた。中間報告をしないのはどうかと思う。
      (29才・女・主婦(就活中))

      人材派遣としてのランスタッドは、福利厚生やスタッフの質について満足している口コミが多くありました。

      しかし、選考結果などについての連絡の遅さ・不備については悪い口コミが目立ちました。

      まとめ

      ここまで、ランスタッドの基本情報や評判について紹介してきました。

      ランスタッドは外資系の企業を希望する人におすすめの転職・人材派遣サービスです。

      ネット上の口コミから、アドバイザーやスタッフについては良い評価と悪い評価に分かれているようですが、「ネット上でも書かれてたから仕方ないな…」と諦めず、合わない時には遠慮なく担当交代を希望し、悔いのない転職活動を行ってください。

      ランスタッドの公式サイトはこちら>>

      よかったらシェアしてね!

      コメント

      コメントする

      目次
      閉じる