【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

副業でライティングってどうなの?稼ぎ方などを徹底解説!

  • 旅行に行くためにもう少し収入を増やしたい!
  • 欲しいアイテムがあるからお金を貯めたい!
  • 毎月の生活費の足しにしたい!

こうした理由から、副業を検討している人も多いのではないでしょうか?

副業として人気の仕事の中でも、「誰でも気軽に始められて、月収プラス数万円も夢じゃない」、「案件数が多いから初心者にもチャンスが多い」という理由でおすすめなのが、WEBの記事などを執筆するライティングのお仕事です。

出典:https://sw.job.dmkt-sp.jp/topics/work_fukugyou_10man_180607.html

しかし、「本当に初心者でもライティングで稼げるの?」と不安や疑問を持つ人も少なくないと思います。

この記事では、ライティングの副業の始め方からライティングで稼ぐコツまで詳しく解説していきます。

記事の最後に、おすすめのクラウドソーシングサービスも紹介していますので、これから副業でライティングを始めたい人は是非参考にしてみてください。

あわせて読みたい
おすすめの副業16選をカテゴリー別に紹介!【2021年更新】
おすすめの副業16選をカテゴリー別に紹介!【2021年更新】なんて思っていませんか?近年では副業を公認する企業も徐々に増えてきており、副業を検討している人も多いのではないでしょうか。しかし副業といっても内容は様々です...
目次

ライティングの副業は初心者でも稼げるの?どうやって始めたらいいの?

副業としてライティングをやってみたい!と考えてみたものの…

  • 文章を書くのが得意なわけじゃないけど大丈夫かな…
  • ライティングの仕事ってどうやって始めたらいいの?
  • 未経験でもできるライティングの仕事ってあるの?

    ライティング未経験の人は、こうした不安を感じる人も少なくないと思います。

    そんな初心者の人におすすめしたいのが、「クラウドソーソングサービス」の利用です。

    クラウドソーシングサービスとは、群衆(crowd/クラウド)に発注(sourcing/ソーシング)するという意味の造語で、インターネットを介して企業が不特定多数の人々に仕事を委託するアウトソーシングの仕組みのひとつです。

    出典:https://ferret-plus.com/9064

    クラウドソーシングサービスに登録すれば、誰でも企業からのライティングの依頼を受注できるため、手軽に副業ライターとしての一歩を踏み出すことができます。

    まだ実績やツテのない初心者はまずクラウドソーシングサービスでライティングの基礎を学びつつ執筆の実績を増やしていくことをおすすめします。

    また、クラウドソーシングサービスでは、初心者でも取り組みやすい数百文字程度の仕事から、月に数十本記事を作成するような中級者~上級者向けの案件まで幅広く見つけることができるため、初心者用の案件からスタートして経験を積み、コスパの良い高単価の仕事を目指していくのがおすすめの使い方です。

    副業としてライティングの仕事が向いている人の特徴とは?

    誰でもすぐに始められるところが魅力のライティングですが、特にどんな人におすすめの副業なのでしょうか?

    本業のスキマ時間を有効活用したいと思っている人におすすめ!

    時間や場所に縛られるタイプの副業とは違い、ライティングはインターネットと文字が打てる環境さえあれば作業が可能です。

    実際に副業でライティングをしている人は、退勤後の夜や土日などの仕事がお休みの時間帯に集中して稼いでいる人がほとんどです。

    出典:https://fukugyo-concierge.jp/smartphone

    中には、通勤退勤の移動中にスマホでライティングしているという人も!

    ライティングは、「本業のスキマ時間がもったいない」「なにか収入アップのために使いたい」という人におすすめの副業です。

    介護や子育てなど家庭の用事を優先しながら稼ぎたい人におすすめ!

    介護や子育てなど家庭の用事を優先しつつ、何か副業で稼ぎたい…という人にもライティングはおすすめです。

    出典:https://www.internetacademy.jp/it/design/web-design/moms-pocket-money-earning-at-home.html

    家庭の急な用事や家族の病気・学校の行事など、決まった時間を確保することが難しい人も、ライティングであれば自分のペースで作業できるため、継続的に収入を得ることが可能です。

    ライティングは準備不要でパソコンやスマホが一台あれば作業開始できるため、「事前準備の手間が惜しい!」「今すぐに副業を始めたい」「作業できるタイミングが毎日違う」という忙しい人にも人気なんです。

    いずれライターとして独立・転職したい人におすすめ!

    ゆくゆくはライターとして転職したい人や、フリーランスのライターを目指している人が、まずは副業としてライティングをスタートするケースも多いです。

    出典:https://www.sungrove.co.jp/writer-job-skill/

    特にクラウドソーシングサービスを利用することで、

    • ライティング能力が鍛えられる
    • 世の中でどんな内容の記事が求められているのか分かる
    • どんな知識を持っているとより高単価の依頼を受けることができるのか分かる
    • ライターを求めている企業とのつながりが作れる

      上記のような様々なメリットがあります。

      まずは副業としてスタートしてライティングスキルを積み上げ、その実績を使って転職を有利に進めたり、ある程度の収入を見込めるようになってから専業ライターとして独立したりするのがおすすめです。

      ライティングでもっと稼ぎたい!副業ライターが効率よく稼ぐためのコツとは?

      副業でライティングの仕事をしている人のよくある悩みとして、「ライティングでもっと稼げるようになりたいけど…、具体的にどうすればいいの?」ということが挙げられます。

      クラウドソーシングサービスなどでも日々大量のライティング案件が募集されていますが、実はそれをただがむしゃらにこなしていくだけでは「稼げる副業ライター」にはなれないんです!

      ライティングで稼ぐために重要なポイントは以下の3つ、

      1. 企業の信頼を得て仕事を継続受注する
      2. 文字単価アップを目指す
      3. タイピング速度を上げる

      それぞれ詳しく説明していきます。

      1.企業の信頼を得て仕事を継続受注する

      ある程度ライティングの仕事ができるようになってきたら、継続的な仕事を受注して、安定した収入を得たいですよね。

      クラウドソーシングサービスなどでも、『毎月〇本の記事を継続して納品できるライターを募集します』というように継続的に納品できるライターを探している企業が多くあります。

      一度きりの簡単な案件などは、希望者の中から早い者勝ちなどで受注することができますが、こうした継続的なライティング案件は企業側からある程度慎重に選考されます。

      これまでの執筆経験や、テスト記事の完成度などを踏まえて採用が決定されるため、執筆実績やライティング能力がある程度備わってきたら継続案件の応募に是非チャレンジしてみてください。

      しかし、晴れて選考を突破して仕事を受注できたとしても、企業の信頼を損なうような行いをしてしまいあっさりと継続依頼は終了してさようなら、というケースも…。

      出典:https://hey3hatter.net/blog/3314/

      逆に、一度きりの記事作成の予定だったところを、企業の信頼を得ることで「これから継続的に仕事を依頼したいのですが、いかがですか?」と声をかけてもらえる場合もあります。

       

      では、企業の信頼を損なわないため・信頼を得るためにはどういった点に気を付けた方が良いのでしょうか。

      気を付けるべきポイントとしては、

      • 誤字脱字などのミスをしない
      • 納期を守る

        以上の2つが挙げられます。

        出典:https://ferret-plus.com/8923

        納品の時点でミスがないことが一番ですが、もし誤字脱字の指摘があった場合には速やかに修正対応を行いましょう。

        また、納期についても、どうしてもイレギュラーな事態が起きて期日までの納品が難しくなる場合もあるでしょう。

        その際は、遅れが見込まれた時点で早めに連絡を行い、納期の延長をお願いするなど誠実な対応を心掛けましょう。

        どちらも当たり前のことだと思うかもしれませんが、企業の信頼を得るためには、そして仕事をする社会人としても非常に大切なことなので、疎かにしないよう常日頃から意識しておきましょう。

        2.文字単価アップを目指す

        ライティングの仕事の報酬は「文字単価」により計算されることが多く、

        例)1,500文字×文字単価2円=3,000円

        上記のように、執筆した文字数に文字単価を掛けた金額が報酬になります。

        クラウドソーシングサービスなどで募集されている初心者でも取り組みやすいような案件は文字単価が低いものが多く、専門性が求められるような案件になると文字単価は高くなります。

        副業ライティングでより収入を増やすためには、この文字単価を上げていくことが必要になります。

         

        文字単価の高い案件を引き受けるためには、ある程度の執筆経験の他に、SEOの知識があることや、専門的な知識や資格を持っていることなどが条件として求められます。

        出典:https://tcd-theme.com/2020/09/google-seo-writing.html

        すでに条件に該当する場合は問題ありませんが、そうでない場合は、資格を取得したり、本を読んで知識を得たりする努力が必要になります。

        そのための時間やお金が必要になるかもしれませんが、副業の場合は特に、短い時間でいかに効率よく稼ぐかということが重要なポイントになります。

        例)あなたが1時間に1,000文字書けるとして…

        文字単価0.4円の場合…時給400円

        文字単価1.5円の場合…時給1,500円

        これからもライティングで副業収入を増やしていきたいのなら、勉強に時間をつかってでも文字単価のアップを目指しましょう!

        3.タイピング速度を上げる

        上の文字単価についての項目でもお話ししましたが、ライティングの副業では書いた文字数がそのまま収入と関係してきます。

        例)文字単価0.8円の場合…

        1時間に書ける文字数が1,500文字…時給1,200円

        1時間に書ける文字数が2,000文字…時給1,600円

        つまり、1時間に書ける文字数を増やしていけばその分時給がアップする計算となり、より稼ぐことができるようになります。

        出典:https://www.reachat.jp/useful-info/4743/

        実際には文章の構成を考えたり、文章を修正したりする時間が必要になるため、速ければ速いほど収入アップ!とはなりませんが、最低でも、キーボードを見ないで文字を入力するブラインドタッチは習得しておくことをおすすめします。

        副業でライティングを始めたい!初心者にもおすすめのクラウドソーシングサービス5選

        「これから副業でライティングを始めたい!」という人におすすめなのがこれから紹介するようなクラウトソーシングサービスです。

        クラウトソーシングサービスは、場所や時間に囚われず登録無料で気軽に始められるだけでなく、多数募集されている案件の中から自分が書きたい内容・得意な内容を選ぶことができる便利なサービスです。

        ライティングの依頼を受けることのできるクラウドソーシングサービスは世の中に多数ありますが、特におすすめのサイトを5つご紹介します。

        クラウドワークス

        出典:https://crowdworks.jp/for-employee

        クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

        案件の多さは国内随一のため、初めて登録する人にも、少しライティングに慣れてさらに仕事を見つけたい人にもおすすめです。

        また、報酬の未払いなどのトラブルがないよう、企業が報酬を仮払いしてから作業を開始できる仕組みを採用しているため安心してサイトを利用できます。

        募集案件 ライティング以外の案件も多数募集している
        対象 プロ~初心者向け
        依頼形式 案件によって様々(プロジェクト形式・タスク形式・コンペ形式など)
        手数料 契約した金額の5~20%

        クラウドワークス公式サイトはこちら>>

        ランサーズ

        出典:https://www.lancers.jp/

        ランサーズも古くからある日本最大級のクラウドソーシングサイトで、ライティングの他にもデザインなど様々な案件を取り扱っています。

        サイト上で仕事をこなしていくことで『信頼のできるユーザー』として認定される「認定ランサー」という制度があるのも特徴のひとつで、認定されるとより高単価の案件を受注しやすいなどのメリットがあります。

        また、プロフィールや経歴・得意なジャンルなどを登録しておくことで、企業側から直接オファーをもらえるシステムもあるため、こちらも合わせて登録をおすすめします。

        募集案件 ライティング以外の案件も多数募集している
        対象 プロ~初心者向け
        依頼形式 案件によって様々(プロジェクト形式・時間報酬方式・タスク形式・コンペ形式など)
        手数料 契約した金額の5~20%

        ランサーズ公式サイトはこちら>>

        サグーワークス

        出典:https://works.sagooo.com/

        サグーワークスは、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

        簡単な説明文を作成するようなものから、長文のコラム作成まで様々な案件があるため、初心者から本気で稼ぎたい人までおすすめできるサイトです。

        また、サグーワークス独自のテストに合格すると、「プラチナライター」としてサイト上でより高単価のライティング案件を引き受けることができるようになります。

        そのため、まずはこの「プラチナライター」を目指すことが、サグーワークスでより稼ぐためのコツと言えます。

        募集案件 ライティング案件のみ
        対象 プロ~初心者向け
        依頼形式 タスク形式
        手数料 無料

        サグーワークス公式サイトはこちら>>

        REPO

        出典:https://www.repo.ne.jp/

        REPO(ルポ)も、ライティング案件専門のクラウドソーシングサービスです。

        インターネット環境さえあれば、スキマ時間にスマホで完了できるような簡単な案件が多数紹介されているため、副業として本格的に取り組む前にお小遣い稼ぎ程度に利用してみるのもおすすめです。

        作成した記事が否認された時にはフィードバックもあるため、次回の記事作成に活かすことができるのも嬉しいポイントです。

        募集案件 ライティング案件のみ
        対象 初心者向け
        依頼形式 コンペ形式
        手数料 無料

        REPO公式サイトはこちら>>

        Shinobiライティング

        出典:https://crowd.biz-samurai.com/

        Shinobiライティングは、ブログやWEBカウンターなどでもおなじみの『忍者ツールズ』が運営するライティング特化型のクラウドソーシングサービスです。

        初心者でも比較的取り組みやすい、キーワードを使用した記事作成のライティング案件を多く取り扱っています。

        また、WEBツールを運営していた会社だけあり記事作成画面が使いやすいのも特長のひとつです。

        募集案件 ライティング案件のみ
        対象 初心者向け
        依頼形式 コンペ形式
        手数料 貯めたポイントを現金化する際に交換手数料150円

        Shinobiライティング公式サイトはこちら>>

        まとめ

        いかがでしたでしょうか?

        ライティングは、誰でも気軽に始められるおすすめの副業です。

        そして、ライティングは記事で紹介したようないくつかのポイントをしっかりと押さえることで、より効率的に収入アップが期待できます。

        興味がある人は、まずは上で紹介したようなクラウドソーシングサービスを是非チェックしてみてください。

        よかったらシェアしてね!

        コメント

        コメントする

        目次
        閉じる