【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

データ入力の副業、その内容から受注方法までを徹底解説!

コロナ禍の煽りを受け、日々需要を増してきている在宅ワークや在宅業務。

コロナ禍故に今までお金を稼ぐことに縁が少なかった専業主婦、主夫の方々も最近では家事の合間に家計の助けにするために在宅ワークを行う方が増加する傾向にあります。

その中でも特に手軽で案件が多く、作業の単純さから人気なのがデータ入力の作業です。

このデータ入力はその作業の単純さから特別なスキルや機器が必要なく、副業、在宅ワーク初経験の方でも非常に取り組みやすい副業です。

今回はそそんなデータ入力について詳しくご紹介していきます!

あわせて読みたい
副業おすすめ人気ランキング16選【2021年9月最新】徹底比較レビュー! 今の仕事だけじゃ将来が不安だなぁ… 副業始めたいけど何がいいかな… なんて思っていませんか? 近年では副業を公認する企業も徐々に増えてきており、副業を検討している...
目次

データ入力とは

データ入力とは、簡単に言えばクライアントから受け取った情報をもとにWordやExcelなどを使って指定された形式でデータを入力していく作業のことです。

データ入力は先に述べたようなクライアントから受け取った情報を単純に書き写すような単純な作業から、クライアントの指定したwebサイトなどから情報を集めてExcelなどにデータ表を作るような作業もあります。

では、ここからはデータ入力に関してもう少し詳しくご紹介していきます。

データ入力作業の概要

データ入力は先程も述べたようにクライアントからデータ入力の依頼を受けて行うことがほとんどです。

データ入力の業務を後述するクラウドソーシングサービスなどから受注することで行うことができます。

クライアントから作業内容を確認し、自身の求めている業務条件と合致するならば実際に案件を受注して業務を開始するわけです。

また、本作業の前に数件のトライアル業務といってお試しで業務を行って本契約をするかを判断するクライアントもいます。

実際に業務をやってみてクライアントが満足する出来の作業を行えていれば実際に報酬を受取る算段になります。

しかしながら業務内容によってはクライアント側に損害が出る作業もあり得るために、簡単な作業だからといって気を抜いていると報酬が出ないばかりか賠償を請求される場合もあるため注意しましょう。

大まかな作業内容は?

データ入力はクライアントから案件を受注して、作業内容や提出期限、報酬内容などを確認した上で実際に受注するかどうかを判断します。

作業内容は様々で、クライアントが持っている名刺や領収書の情報をExcelに入力して表を作成するものや、クライアントがネットショップなどを管理していてその在庫や販売数を表にするような作業もあります。

また、画像や文章をもとにデータを入力するような作業だけではなく、音声データから情報の入力作業を行う「テープ起こし」というようなデータ入力作業を依頼される場合もあり、こちらの作業は通常のデータ入力よりもかなり難易度の高い作業になっています。

「テープ起こし」の場合、会話であったり何かしらの講義やセミナーの内容を文章に直すという作業の性質から余分な音声を省く作業が必要になるからです。

データ入力の副業としての特徴

ここまではデータ入力業務に関する大まかな内容や概要に関してご紹介してきました。

データ入力業務は報酬の発生する作業としては単純かつ難易度は低めの作業です。

しかしながら作業内容や業務のクオリティによってはクライアントに損害を与え、最悪は損害を請求されかねない業務でもあります。

ではここからはそんなデータ入力業務の副業としての特徴をご紹介していきます。

データ入力業務がなぜ副業として人気なのかが伝われば幸いです。

ネット環境があればどこでもできる

データ入力の最大の特徴は、ネット環境があれば作業する場所や時間を問わない場合が多いです。

すべてのデータ入力副業がこの条件に当てはまるわけではありませんが、ほとんどのデータ入力副業はネットができる、ExcelやWordが使えるような状態であればいつでもどこでも作業の開始中断が行えることが最大の魅力であるといえます。

データ入力の内容によってはパソコンすらいらないという作業すら存在しており、家事の片手間にスマートフォンで作業が完結してしまう案件すら存在します。

この手軽さこそがデータ入力副業の最大の魅力だと言えますし、初の副業としてオススメする方やwebサイトが多く存在する理由でもあります。

専門知識がいらないものが多い

先程、データ入力が初の副業としてオススメされやすい副業だという話をしました。

この初の副業としてオススメされるもう一つの理由が専門知識が不要な場合が非常に多いということです。

これも先の項で述べた通りあらゆるデータ入力副業すべてに専門知識が不要というわけではありませんが、ほとんどのデータ入力副業において専門的な知識は不要です。

また、専門知識が必要であっても作業に必要な知識に関してはクライアント側がマニュアルを用意している場合もあり、全く知識がなかったとしても作業自体は可能である場合もあります。

これに関しても予め契約する前に提示される作業内容を確認した上で自身に可能な作業7日どうかを判断することが出来ますので、総じて作業難易度が低い副業であると言えます。

データ入力の副業、その報酬は?

ここまではデータ入力がどのような特徴を持った副業なのかをご紹介してきました。

データ入力副業はネット環境が整っていれば参入できるという参入障壁の低さから初の副業としては非常におすすめされやすい副業です。

また、副業を行うのに専門的な知識が不要な場合が非常に多いというのもデータ入力副業は人気である理由です。

殆どの場合はデータ入力を行うのに必要な知識、情報はクライアント側が用意してくれているので、副業をしたことがないという方でも安心して作業に取り掛かることができるのも人気の理由でしょう。

ではここからはそんなデータ入力の報酬に関してご紹介していきます。

データ入力の報酬は難易度にもよる

データ入力、特に名刺や領収書の表の作成はだいたい1文字あたり0.1~0.5円程度で設定しているクライアントが多いようです。

名刺であれば名刺1枚の入力で10~30円程度で案件を出している方もいます。

ネットショップの管理用のデータ表を入力するような作業であれば1商品(商品名、在庫数、販売数、商品説明を指定している方がよく見受けられます。)の入力で10~50円の報酬を100件単位で出しているというようなクライアントがいます。

「テープ起こし」であれば最近はYoutubeの10~20分程度の動画を文字起こしして2500~5000円程度の報酬の作業が見受けられます。

また、会話に不要な部分の切り取り作業である「ケバ取り」であったり発言が誰のものであるかを判別できるようにするなどを行うと報酬を上げてくれるクライアントもいます。

また、データ入力の作業に関してはその一回の案件で契約を終了ことが多いのですが、受注者の作業内容が良好で合う場合に継続して依頼してもらえることもあるようです。

データ入力の副業としてのメリット

ここまではデータ入力副業の報酬に関してご紹介してきました。

実際にデータ入力副業の報酬金額は作業難易度や作業量に大きく依存することがわかります。

また、データ入力の副業は1回1回で契約を終了する場合が多く、多量の金額を稼ぐには1回の契約をいかに早く正確に終わらせていくかが重要になってきます。

ではここからは実際にデータ入力作業を副業として行う場合のメリットをご紹介いたします。

とにかく手軽に仕事ができる

データ入力副業最大のメリットはとにかく手軽に副業が開始できることでしょう。

データ入力副業はクライアントが受注に提示する条件も比較的緩い場合が多く、とにかく参入障壁が低いことが大きなメリットです。

受注自体が手軽な上、作業も単純な場合が多くて開始と終了のタイミングを自身で自在にコントロールできることが大きなメリットとして上げられます。

そのため、家事に追われるような専業主婦であってもスキマ時間で金銭を得ることができるのがデータ入力副業を行うことのメリットです。

また、データ入力の作業に慣れてくれば比較的単価が高い「テープ起こし」などに挑戦してみるのも良いでしょう。

自身のスキルに合った作業を選択できる

データ入力の案件は様々な難易度、報酬の案件が星の数ほど存在しています。

そのため自身の今の状況やスキル、経験にあったデータ入力副業を選択できることもメリットと言えます。

データ入力副業自体が初経験の方であれば1契約あたりの作業量が少なめの案件を受注してとりあえず初めて見るのが良いでしょう。

当然作業量も難易度も低ければ報酬自体は少なくなりますが、雰囲気を掴むには良いかと思います。

そして自身のできる作業がどれくらいのものなのか確認しながらより難易度が高く報酬の良い作業に移っていくのが賢い作業方法だと言えますね。

データ入力の副業としてのデメリットや注意点

先の項ではデータ入力作業の持つメリットに関してご紹介してきました。

いつでも作業が開始できて、いつでも作業の中断ができるのがデータ入力副業の持つ最大の魅力だとご紹介しました。

また、様々な作業内容、難易度、報酬が存在しているため、現在の自身の置かれている状況や希望する難易度、報酬量に合わせた業務内容を選択することが出来ます。

これもデータ入力副業が持つ大きなメリットと言えます。

では逆に、データ入力副業が持つデメリットや注意点はないのでしょうか?

これについてもご紹介します。

業務内容や案件のクオリティがまちまち

これに関してはデータ入力副業に限ったことではありませんが、データ入力副業の案件は非常に案件自体のクオリティにばらつきが多い傾向にあります。

業務内容に対して報酬額があまりに安価であったり、そもそも業務に関するマニュアルや説明が不十分であったりと業務を行うのに支障をきたす場合も0ではないのです。

こういったことを避けるためにもクライアントの情報は最低限調べておくほうが良いでしょう。

大きく稼ぐにはスキルも必要

始めること自体には特に専門的なスキルを必要としないのがデータ入力副業ですが、最終的に稼ぎを大きくするためにはタイピングを早くすることが重要になってきます。

データ入力副業は結局のところはクライアントに提示された条件で持ってより多くのデータをより早く処理していくことで時給を上げることが出来ます。

そのためとにかく早く正確なタイピング技術を持つことこそがデータ入力副業を上手くこなすコツなのです。

データ入力副業の受注方法

ここまではデータ入力副業に関するデメリットや注意点についてご紹介してきました。

データ入力の副業は手早く始められる反面、依頼内容のクオリティがまちまちであるとご紹介しました。

また、大きく稼ぐためにはどうしても受注者自身のタイピングスピードが重要になるため、参入障壁が低いだけあって簡単に稼げるというわけではありません。

そんなデータ入力の副業ですが、どのように受注すればよいのでしょうか?受注方法に関してもご紹介していきます。

サービスを利用しての受注

出典:https://crowdworks.jp/dashboard

データ入力の副業を受注するならば、まずはクラウドソーシングのサービスに登録するのが良いでしょう。

クラウドソーシングサービスには様々なクライアントが様々なデータ入力の案件を掲載しています。

特に有名なのは株式会社クラウドワークスの運営する「クラウドワークス」であったり、ランサーズ株式会社が運営する「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスがあります。

こういったクラウドソーシングサービスはサービスがクライアントと受注者の仲介をするために報酬未払いが起こりにくいという利点があります。

しかしクラウドソーシングサービスに仲介料を報酬の数%支払うため報酬額が若干低くなります。

個人で仕事を募集しての受注

こちらの方法は副業初心者向けでは決してありませんが、自身でホームページを持つ、またはSNSなどでデータ入力の仕事を請け負う方法もあります。

ただこの方法はまず自身に実績が求められますし、報酬金が支払われる保証がないことからもやはり副業としてデータ入力を行うのであればオススメ出来ない方法です。

しかしクラウドソーシングサービスへの仲介手数料支払いが存在しないことや、仲介者がいないことによりフットワークが来るく動きやすいといったメリットも存在します。

データ入力副業まとめ

このようにデータ入力の副業はネット環境さえあれば誰でも始めることができる非常に手軽で自由度の高い副業だと言えます。

しかし自由度が高く手軽ということはクライアント側が受注者側への十分な配慮にかけている可能性も否定できないということでもあります。

ですので受注する際は最低限案件とクライアントの確認を行ってから受注するべきだと言えます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる