【2021年冬】おすすめ人気プログラミングスクールランキング

Apple Japanに転職するには?転職難易度や年収を徹底解説!

出典:https://www.apple.com/jp/

Apple Japan』は、スマートフォンで有名な米Apple社の日本法人です。

Apple本社は1975年に設立、アメリカのカリフォルニア州に構えており、スマートフォンであるiPhoneやタブレット端末であるiPad、PCのMacなどのハードウェア製品を販売しています。

また、iOSやiCloudといったソフトウェア製品の開発と販売も行なっており、現在Appleのアクティブユーザー数は14億を超え、高い人気を誇っている企業です。

Apple Japanは、主にインターネット関連商品やデジタル家庭電化製品、さらにそれ等に関連するソフトウェア製品の開発や販売を行っています。

今回は、そんな『Apple Japan合同会社』の転職難易度や評判、年収などを詳しく解説していこうと思います。

Apple Japan合同会社への転職を考えている方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

目次

Apple Japan合同会社の企業情報

出典:https://pixabay.com/ja/

会社名Apple Japan合同会社
代表者ダニエル・ディチーコ
設立1983年6月
資本金54億8000万円
従業員数1,800人
所在地〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ
電話番号0120-435-500
事業内容・ハードウェア製品の開発
・ソフトウェア製品の開発/販売
・Apple社製コンピュータ輸入販売/研究開発
・周辺機器輸入販売/研究開発
・各種アプリケーションソフト輸入販売/研究開発

Apple Japanの公式ホームページには、「会社概要」に当たるページは存在していません。

一般的な日本企業や日本に拠点を置く外資系企業であれば、「会社概要」「拠点一覧」などのページを用意している場合がほとんどですが、Apple Japanの場合は、そういった基本的な情報を公式ページから知るのが難しい状況です。

転職に向けて、会社のさらに詳しい情報を知りたい場合には、直接Apple Japanと連絡取るのが良いでしょう。

Apple Japan合同会社の転職基礎知識

出典:https://pixabay.com/ja/

本社・オフィス

Apple Japan社はオペラシティから移転し、現在は六本木ヒルズに本社を構えています。

六本木ヒルズ内の2フロアを用い、グループ会社2社も同じフロアで事業を行っています。

社内にはオープンカフェスペース「Mac Cafe」があり、コーヒーと軽食を楽しむことができる環境です。

仕事内容

「入社前と入社後のギャップがほとんどない」という口コミが多く、仕事内容については概ね高い評価のようです。

しかし、在宅勤務の方からは、研修の時など「孤独を感じる」「一度研修についていけなくなると後が分からない」という意見もありました。

Apple Japanは外資系の企業なので、仕事については基本的には「放任主義」となっているようです。

自分から積極的にコミュニケーションを取れる人であれば問題ありませんが、「なかなか自分からコミュニケーションが取れない」という方にとっては仕事を進めにくい環境かもしれません。

福利厚生

Apple Japanの福利厚生は以下の通りです。

Apple Japan合同会社の福利厚生
⚫︎社会保険

⚫︎育児休暇

⚫︎介護休暇

⚫︎夏季休暇

⚫︎Apple製品の購入時割引

⚫︎医療費用の補助

⚫︎資格習得費用の補助

⚫︎フィットネスジム/スポーツジムの補助

⚫︎在宅勤務可能

上記の通り、Apple Japanの福利厚生は充実していると言えます。

Appleならではの特典もあり、MacやiPhoneなどを購入する際には割引があります。

また、歯科・眼科などの医療に関する費用に対しての補助や、語学など業務に関係のある資格習得の費用の助成もあります。

さらに、Apple Japanで特徴的なのは在宅勤務アドバイザーという職種があることです。

在宅勤務アドバイザーは、Apple製品を利用するお客様へのサポートする仕事であり、オンラインプログラムでApple社の製品や技術を学び、実際にサポートに出るまでの間もお給料をもらうことができます。

在宅勤務アドバイザーなら、通勤などもなく自宅で働くことが可能です。

「Appleで働きたいけれど外出が難しい」という方や、「自宅で働く方が性に合っている」という方におすすめです。

ワークバランス

Apple Japanは、基本的に米Apple社の考え方を尊重しているため、ワークバランスに関して「日本の企業より整っている」「残業がほとんどない」という口コミが多くありました。

時と場合によりますが、定時で退社する社員が多くなっており、自分の業務が終われば上司がいても退社して問題ないようです。

また、残業が少ないので、その分自分の時間を確保でき趣味に没頭している社員も多いようです。

有給も非常に取得しやすい環境なので、ワークバランスを重視する方も満足のいく働き方ができるでしょう。

しかし、海外部署とのやりとりが多い場合は、昼夜問わずメールや電話会議があるということなので注意が必要です。

職場の雰囲気

「上下関係があまりない」「ハラスメントなどは見たことがない」など、職場の雰囲気について悪い評判はあまりないようです。

しかし、最低限の成果を出せなかった人には厳しい対応がなされることもあるようなので、「入社すれば大丈夫」という考えは危険だと言えます。

また、「会社の方針がしょっちゅう変わる」「柔軟性がないとついていけない」という声もあるので、1つのやり方を極めていくというタイプの会社ではないと考えられます。

Apple Japan合同会社の転職難易度

出典:https://pixabay.com/ja/

結論から言いますと、Apple Japan合同会社の転職難易度は高いです。

Apple Japanは企業ブランドの高さに加え、充実した福利厚生やワークバランスの整った職場環境であるため、新卒はもちろん中途採用の倍率が非常に高い企業です。

難易度は職種によって異なりますが、契約社員の店舗スタッフでも英語のスキルを必要とし、ある程度の必要条件を満たす必要があります。

また販売職は、5年以上の実務経験に加え、別業界での幅広い知識が必要なので、ただ一つに特化したスキルだけでは採用されるのは難しいでしょう。

未経験でも応募可能な職種もありますが、非常に高いポテンシャルが求められるため、深く広いバックグラウンドが必須となります。

特に、Appleの専門職の中途採用は、高いスキルと経験値が必要です。

Apple Japanで取り組める仕事

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、転職後にApple Japanでできる仕事について紹介していきます。

時期によって募集している職種は異なりますので、給与や労働条件などを採用情報で確認しておきましょう。

エンジニア職

まずは、開発やサービスの運用を行うエンジニア職です。

エンジニア職になれば、Apple社の最新製品に直接関わることができます。

日本に新しく開発拠点が出来たことにより、エンジニア職の募集は今後増えていくと考えられます。

世界的な企業で自分のスキル活かしたいという方は、エンジニア職への応募を検討してみましょう。

店舗での販売・店舗管理(販売員)

Apple社製品の販売は、主にApple Storeなど直営店での販売となります。

お店によって営業時間や環境は異なりますが、お客様の要望を聞き、おすすめのApple社製品を紹介するという点では共通です。

製品の直接サポートもお店で対応することになりますので、製品に対する深い知識が必要とされる職種です。

会社の管理(コーポレート部門)

「エンジニア職」「Apple Store関連職種」以外の仕事は、「コーポレート職」となります。

人事や経理、総務などの管理部門での業務経験はApple Japanでも生かすことができます。

日本の制度と異なる部分もありますが、概ねコーポレート部分の仕事は日本企業と同じです。

現在、Apple Japanではコーポレート部門での求人が多くなっていますが、どの求人でも十分な業務経験が必須です。

自分のキャリアに合わせて応募する職種を選ぶようにしましょう。

Apple Japanの採用情報ページ

Apple Japan合同会社の年収

出典:https://pixabay.com/ja/

平均年収

Apple Japanの平均年収は下記の通りです。

平均年収:610万円

Apple Japanにはさまざまな職種があり、年収も職種ごとに違いがあります。

600万円前後が平均ではありますが、これはすべての職種で平均した年収であるため、高度な専門性が求められる「エンジニア職」「コーポレート職」であれば、平均以上の給与が貰える可能性は十分にあります。

職種別平均年収

職種年収
営業666万円(250万円〜1800万円)
カスタマーサポート595万円(400万円〜1050万円)
AHA477万円(380万円〜580万円)
テクニカルサポート491万円(420万円〜540万円)

年代別年収

年代年収
20〜24歳348万円
25〜29歳384万円
30〜34歳377万円
35〜39歳440万円
40〜44歳490万円
45〜49歳562万円
50〜54歳623万円
55〜59歳617万円
60〜65歳395万円

Apple Japan合同会社の評判・口コミ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、Apple Japanで働いていた元社員や、現在も働いている方からの「評判・口コミ」を紹介していきます。

良い評判・口コミ

【残業・有給】
基本的に残業がなく、あったとしても月数時間程度だと思います。
また、有給取得率も100%なので、しっかりと消化することができると思います。
ただし、同じ部署内で有給が被ってしまうと、取れない時もあるので調整が必要な場合もありますが、比較的にワークバランスは良いと思います。

【女性の働きやすさ】
よく世の中で話題になる、女性の職場やキャリア問題として取り上げられるようなネガティブな話は全くありません。
休みや出社時間においては非常にフレキシブルで、子どもなどの理由で急に帰宅しなければならない場合でも問題はありません。
また、他の企業にくらべると、キャリア重視でキャリアアップを目指す向上心が高い女性も多いです。

悪い評判・口コミ

【入社前とのギャップ】
最先端をいく企業ですが、それはカリフォルニアの本社のみであり、日本法人はあくまで支店にしか過ぎません。
HPの誤訳を訂正するよう上席に何度も伝えましたが、見直しすることすらありませんでした。
本国の部署へ伝えたら、すぐに反応があったので、日本法人はスピード感に大いに欠けると思います。

【女性の働きやすさ】
男女平等なので、「働きやすいが、働きづらい」というのが正直なところです。
家庭がある方はなかなか21時までの勤務というのは厳しいと思いますが、シフトに関しては一切配慮してもらえません。
その点さえクリアになれば、女性の役職者もいるのでバリバリ出世もできると思います。

Apple Japan合同会社の選考対策

出典:https://pixabay.com/ja/

Apple Japanへ転職するには、下記の3つをアピールすると良いでしょう。

①コミュニケーション力

Apple Japanで求められるコミュニケーション能力は、「他者を尊重し、真っ向から否定しない」「自分と他人の意見をうまく合わせられる」バランスの良い人間関係を築ける」力です。

Apple Japanへの転職を目指すなら自己アピールだけでなく、「他の人と関わることでどれだけ良いアイディアを出せたか」をアピールすることが大切です。

②英語力

Apple Japanは米Apple社からのトップダウンで動く会社なので、日本法人といっても、働く社員には英語力が求められます。

「英語ができないと年収が低い」「英語力のある人が出世する」といった声もあるので、苦手意識のある方は、今のうちに勉強しておくことをおすすめします。

③業界研究

Apple Japanでは入社後、次々と登場するApple製品に対する深い知識が必要になります。

Apple主導で最低限の研修を受けることも可能ですが、「どれだけ勉強したかが出世の鍵」「研修だけでは不十分」といった声もあるので、転職の際は「勉強する意欲」や「Apple社製品に対する興味」を伝え、入社後も勉強し続ける姿勢をアピールしましょう。

また、Appleと競合他社との差別化をおさえておくとさらに強みになります。

面接の際に時事的な事柄も踏まえて自身をアピールできれば、かなりの好印象が見込めます。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/

ここまで、『Apple Japan合同会社』の転職について解説してきました。

Apple Japanの中途採用の難易度は高いので、少しでも選考突破率を上げるために、転職エージェントの利用をおすすめします。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによって、サポートの質も異なってくるので、複数のエージェントに登録してから、自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を上手く進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる